国内女子ツアー
ライブフォトはこちら

現在ショット貢献度1位、コリン・モリカワの進化と替えたギア

  1. 現在、最もツアーでアイアンが上手い選手と言える、コリン・モリカワ。「全米オープン」の優勝予想で2位に挙げられています(撮影:GettyImages)

     
  2. パターも自らWEBオーダーした『My TP JUNOロングネック』になり、さらに視界良好!?

     

全米オープン」の優勝予想2位に挙げられているのが、現在ショットの貢献度を示す「SG:ティ・トゥ・グリーン」で1位のコリン・モリカワ(米国)だ。バーディ率、パーオン率も現在1位だが、昨年と比べてどの部分が進化しているのだろうか。

パーオン率は昨年の69.03%(44位)から、今年は71.83%(1位)。そして、「SG:アプローチ・ザ・グリーン」も昨年の0.884(2位)から今年は1.455(1位)と、2位のジャスティン・トーマスを大差で引き離すことに成功していた。

細かい距離別の中身を見ると、【125−150y】が37位⇒1位、【150−175y】が26位⇒3位、【175−200y】が7位⇒1位と、フェアウェイから打つミドルアイアンの精度がツアートップクラスまで高められていた。では、昨年と今年でどんなギアの変更があったのか。

元々アイアンをコンボセットで使用していたモリカワ。2020年序盤は4I〜5Iが『P750』、6I〜PWが『P730』だったが、終盤は4I〜PWまで『P7MC』を使用するなどしていた。そして、昨年序盤のボールが『プロV1x』だったところ、テーラーメイド『TP5』にボールを変更、今年はさらに2021年モデルの新『TP5』へと移行した。

また、7I〜PWは『P730』に変更はないものの、今年の序盤は4I〜6Iを『P7MC』とのコンボセットで優勝しており、現在は4Iが『P770』、5I〜6Iが『P7MC』。「SG:アプローチ・ザ・グリーン」の数字を大幅向上させたのは、モリカワの技術面はもちろん、『P7MC』と新『TP5』の貢献もありそう。

【関連リンク】▶▶▶P・キャントレー、モリカワとのPOを制し4勝目。上位勢にパター変更が相次ぐ【WITB】

 
 
 

テーラーメイド問い合わせ先

  • テーラーメイドゴルフ株式会社 TEL:0120-558-562

Rankingギア人気記事 7/17-7/24

TOUR Columnコラム

コラム一覧

LESSONレッスン

レッスン一覧

GEAR NEWSギアニュース

ギアニュース一覧

GEAR Columnコラム

ギアコラム一覧

TRENDトレンド

トレンド一覧