国内女子ツアー
ライブフォトはこちら

“熊本・桃子”対決は、上田が制す!「6Iを入れる女子も少数派だけど、パー3の風を考えれば5I」

  1. 上田桃子「APEX DCBだと、5Iでもトップで間が取れて力まず強風下でもコントロールできます」(撮影:佐々木啓)

     

パナソニックオープンレディース 最終日◇2日◇浜野ゴルフクラブ(千葉県)◇6638ヤード・パー72>

2021年国内女子ツアー第9戦の最終ラウンド。トータル5アンダー・首位に並んだ上田桃子と大里桃子がプレーオフ(9番パー3繰り返し)を行い、2ホール目をパーとした上田に軍配が上がった。19年「ヨネックスレディス」以来となるツアー通算15勝目を果たした。

▶▶▶契約フリーの申ジエ、10勝アイアンを『X-FORGED CB』に変更。キャロウェイ契約プロも真っ青の使用本数

プレーオフは、女子ツアーでも珍しく、パー3(182ヤード)の繰り返し。強風でスコアを落とす選手が続出する中、正規の18ホールを自身のセルフコントロールで“凪”の状態を保って冷静に耐えてきた上田桃子にとって、“経験者有利”と言える状況が生み出されていた。

先週の「フジサンケイレディス」をお休みし、コーチでキャディを務める辻村コーチとマンツーマンで茨城県の山奥に籠もり「プチ合宿」を張っていた上田。今年は開幕戦で4位に入ったものの、「技術的に気になる点があった」上田は、この合宿で「やっと本来の自分らしい調子が戻ってきた」と、合宿効果をひっさげて「チャレンジ」をテーマに大会入り。大会前の今週頭には下記のように話していた。

「女子ツアーでは、6Iが入ってる選手が少数派になってきました。5Iを入れるのは本当に少ないんじゃないですか? 特に、女子ツアーのショートホールって、大体170、180ヤードくらいの距離が多いんですよ。大体5Iか、UTくらいの距離が多くなってくる。ショートホールって特に風の読めないホールが多いので、そういう意味ではアイアンの方が球を作っていきやすいので、私は5I(APEX DCB)を入れてますね。

 
 
 

キャロウェイ問い合わせ先

  • キャロウェイゴルフ株式会社 TEL:0120-300-147

Rankingギア人気記事 7/17-7/24

TOUR Columnコラム

コラム一覧

LESSONレッスン

レッスン一覧

GEAR NEWSギアニュース

ギアニュース一覧

GEAR Columnコラム

ギアコラム一覧

TRENDトレンド

トレンド一覧