100切りレッスン!
ドライバーのOBを防ぐ

M6⇒TSi3⇒G425 LST⇒『M1 440』で−7発進。ジャスティン・ローズのエース1Wがついに決定!?

  1. 契約フリーのジャスティン・ローズが異次元の−7発進! 『M1 440』ドライバーを投入!(撮影:GettyImages)

     
  2. 今年になって試合毎にドライバーを替えていましたが、ついにエースが決定!?(撮影:GettyImages)

     

<マスターズ 初日◇8日◇オーガスタ・ナショナルGC(米ジョージア州)◇7475ヤード・パー72>

元世界ランキング1位が春の祭典「マスターズ」初日に圧巻のゴルフを披露。ジャスティン・ローズ(イングランド)は、1イーグル・7バーディ・2ボギーの「65」をマークし、2位に4打差をつけて単独トップに立った。

⇒ジャスティン・ローズがマスターズ単独首位発進! 元サヤのコーチと取り組んだスイングとは?

乾燥して固いグリーンが世界のトッププレーヤーたちを苦しめる中、ローズは柔らかい着弾で面白いようにピンに絡めていった。後半だけで圧巻の6バーディ。使用アイアンは既報の通り、ミズノの米国モデルのマッスルバック、『MP-20』である。

⇒契約フリーのJ・ローズ、J・デイが「ミズノ」アイアンへ移行。ローズは何を選んだ?

ところが、ドライバーを見ると目を疑うモデルが。古巣のテーラーメイドの2017年モデル『M1 440』(9.5°)を絶対に獲りたい大会で投入、ドライビングディスタンスが281ヤード、フェアウェイキープ率は78.6%、パーオン率は72.2%と持ち前の高いショット力を発揮していた。

 
 
 

ミズノ問い合わせ先

  • ミズノ株式会社 TEL:0120-320-799

Rankingギア人気記事 7/17-7/24

TOUR Columnコラム

コラム一覧

LESSONレッスン

レッスン一覧

GEAR NEWSギアニュース

ギアニュース一覧

GEAR Columnコラム

ギアコラム一覧

TRENDトレンド

トレンド一覧