オリンピックのチケット当たった?
何でもアンケート

猛ラフの「全米プロ」、テーラーの1W使用者が来る!?【筒の目】

  1. フリートウッド『M6』、ケプカ『M5』、リー『M5』と、テーラーの1Wが上位に…(撮影:GettyImages)

     

全米プロゴルフ選手権 初日◇16日◇ベスページ・ブラックコース(米国ニューヨーク州)◇7459ヤード・パー70>

米ツアー屈指の難コース、ベスページ・ブラックコースで開幕した海外メジャー「全米プロゴルフ選手権」。初日、異次元の7アンダーで飛び出したのは、“全米”と名の付くメジャーにめっぽう強い、ブルックス・ケプカ

メジャーになるほど曲がらず、切れ味を増すショットの数々。この日もその特殊能力を存分に発揮した。しかも、2つのロングホールでバーディを取り逃し、惜しいバーディパットも何度か見せており、「まだまだ伸ばせた」余力ある「63」だった。

1打差の2位に付けたのは、『M5』を使うダニー・リー。4打差の3位は『M6』を使うトミー・フリートウッドと、初日のトップ3が全員テーラーメイドのドライバー使用者となった。(上位8名中では5人)この点について、最注目組のタイガー・ウッズブルックス・ケプカフランチェスコ・モリナリの組を中心にチェックした筒康博はこう語る。

■球をカットするタイガー。ケプカも不要な転がりを防ぐ

メジャー連勝が期待されるタイガーですが、戦略は明確。ティショットは徹底してカット気味のフェード一辺倒で、とにかくランが出ない球で、転がってラフにいかせない意図ですね。距離を落としてでも球をカットするのは、昔からタイガーの得意戦法でFWキープ率71.43%、平均283.5ヤードとティショットは問題なさそうです。

 
 
 

テーラーメイド問い合わせ先

  • テーラーメイドゴルフ株式会社 TEL:0120-558-562
ギア情報メニュー
Rankingギア人気記事

ギアニュース  6/13-6/20

TOUR NEWSツアーニュース
TOUR Columnコラム
ゴルフ何でもアンケート
プレゼント付きアンケートやゴルファー意識調査など! ふるってご応募ください。
LESSONレッスン
GEAR NEWSギアニュース
GEAR Columnコラム
TRENDトレンド
このページの上部へ