シン貧打爆裂レポート『スパイダー GT TM1 パター』

貧打爆裂レポートのロマン派ゴルフ作家・篠原嗣典が、ギアについての噂の検証をします!実際にゴルフコースに持ち込んで、動画を撮影しながらラウンドしたレポートです。

2022年07月06日

注目ポイント

 
スパイダー GT TM1 パター』は、テーラーメイドが2022年7月15日に発売するパターです。

“人気シリーズの融合!プロも信頼を寄せるトラスがスパイダーGTに搭載”というコピーのパターです。

スパイダー パター』シリーズは、テーラーメイドを代表するパターで、その形状はパターのスタンダードとして、多くメーカーもラインアップしています。形状を蜘蛛型と呼んだり、使用しているゴルファーを蜘蛛使いと呼んだりもします。

スパイダー GT TM1 パター』は、2022年の春に発売された最新の『スパイダー GT パター』の追加バージョンです。ネックが、「トラスホーゼル」になったのです。『TM1』と『TM2』の二種類があって、今回試打した『TM1』は、ヒール側に寄ったホーゼルで、アドレスビューでは、特別なネックに見えないように工夫されています。

「トラスホーゼル」は、数年前からブレードのパターに搭載されていて、国内女子ツアーにおいて、数え切れないほどの勝利に貢献しています。ルール違反になってしまう2本のネックを板状の三角のパーツで一体化させることでルールをクリアさせた形状は、登場したときから話題になりました。

最大の機能は、ストローク中にフェースとヘッドを安定させやすいことと、ミスヒット時の捻れに強く、ボールがブレないことです。

「オープンフレーム マルチマテリアルデザイン」で、ウィング形状のスチールウェイト90グラムをヘッドの両サイドに配置することで、総重量の約82%が両サイドになる重量配分になっています。安定性を増して、ミスヒットにも強くなることが特徴です。

インサートは「Pure Roll 2」です。素材はアルミニウムとTPUの複合になっています。しっかりした打感とトップスピンを生み出します。

スパイダー GT パター』は、蜘蛛型ではなく、ヘッドの形状が角型ですが、丸形のマレット型もあります。ヘッドカラーも、ブラック、シルバー、レッド、ライトブルーがあり、ネック違いのモデルまで含めると、なんと13種類になります。

スパイダー GT TM1 パター』は、角型のヘッドモデルだけですが、最先端のパターで、「トラスホーゼル」がなくとも十分に魅力的で、高機能なパターです。ひと言で表現すれば、“鬼に金棒”です。

素振りしてみると、ブレない感じがわかります。「トラスホーゼル」恐るべしです。思いっ切り期待を膨らませて、ハードルを上げた状態で、試打ラウンドをすることになりました。

試打した日は、快晴で、気温は19度〜28度。風1メートル。グリーンは9フィートの速さ。使用したボールは『TOUR B X』です。
 
 
このページの上部へ

ALBA Movies

TOUR Columnコラム

コラム一覧

LESSONレッスン

レッスン一覧

GEAR NEWSギアニュース

ギアニュース一覧

GEAR Columnコラム

ギアコラム一覧

TRENDトレンド

トレンド一覧