国内女子ツアー
最終結果

シン貧打爆裂レポート『213HF アイアン』

貧打爆裂レポートのロマン派ゴルフ作家・篠原嗣典が、ギアについての噂の検証をします!実際にゴルフコースに持ち込んで、動画を撮影しながらラウンドしたレポートです。

2021年09月23日

注目ポイント

 
ブリヂストンスポーツの『B シリーズ』の3番目のアイアンが『213HF アイアン』です。2021年9月17日発売です。“飛びも、打感も、やさしさも3拍子揃った最先端コンポジットアイアン”というコピーです。

『213HF アイアン』は、ブリヂストンスポーツのぶっ飛び系アイアンの3代目になります。初代が深いキャビティーでソール幅が広いモデルで、大ヒットしたが、そのモデルからすると、かなり洗練された雰囲気で、中空構造に近いコンポジットアイアンになっています。

注目すべき最初のテクノロジーは、新しくなった『New SP-CPR(ニュー サスペンションコア)」です。フェース裏に配置されたポリマーが、余計な衝撃を吸収して、心地良い打感を生みます。

そして、「ディンプルフェース」です。最薄フェース肉厚設計により、1.3〜1.7ミリのフェース厚になっています(5番〜9番)。裏側がディンプル構造になっていて、広い範囲で高反発性能を発揮するそうです。

「L字フェース&パワースリット」は、ソールとフェースのL字型のカップフェースで、フェース下部の溝によって、フェース下部に当たったボールの初速が落ちることを防ぎます。

『213HF アイアン』は、3代目と言うことで、初代からの買い換えのゴルファーも注目すると思われますし、なんやかんや言っても、ぶっ飛びアイアンに変更しようというゴルファーの潜在的な数は膨大です。

バックフェースの真ん中に赤く輝く「New SP-COR」が目立ってカッコイイです。また、初代、前モデルと比較しても、スッキリしてシンプルに見える佇まいです。

試打した日は、薄曇りで、気温は24度〜29度。微風でした。
使用したボールは『TOUR BX』です。

ブリヂストンスポーツが誇る最先端技術の3代目のぶっ飛びアイアンを、秘密を暴く視線で打ってみました!
 
 
このページの上部へ

TOUR Columnコラム

コラム一覧

LESSONレッスン

レッスン一覧

GEAR NEWSギアニュース

ギアニュース一覧

GEAR Columnコラム

ギアコラム一覧

TRENDトレンド

トレンド一覧