シン貧打爆裂レポート『クリーブランド RTX FULL-FACE ウェッジ』

貧打爆裂レポートのロマン派ゴルフ作家・篠原嗣典が、ギアについての噂の検証をします!実際にゴルフコースに持ち込んで、動画を撮影しながらラウンドしたレポートです。

2021年08月12日

注目ポイント

 
大好評発売中の『RTX ウェッジ』の追加バージョンが『クリーブランド RTX FULL-FACE ウェッジ』です。2021年6月12日にダンロップから発売されました。

クリーブランド RTX FULL-FACE ウェッジ』の最大の特徴は、フェース全面に溝が配置されていることです。そして、ソールもフェースを開いて使いやすいように削られています。

「FULL FACE テクノロジー」は、フェース全面に溝を施すだけではなく、フェースの形状にも工夫があります。トウ側を高くして、ヒール側を低くしているのです。これはフェースを開きやすくする効果があります。クリーブランドの伝統的なウェッジの形状を継承しながら、使い勝手を良くするチューニングはハイレベルです。

フェース全面に施された溝は、深いラフ、バンカーショット、ロブショットなどのショートゲームでの威力を発揮することが期待できます。

そして、「ZIPCORE」です。ネックの内側にセラミックピンを内蔵して、余剰重量をトウ側に配置するテクノロジーは、『クリーブランド RTX FULL-FACE ウェッジ』にも搭載されています。ゴルファーの実際の打点位置に近い重心位置を実現しています。ボールの初速、スピン量が安定し、打感が向上するだけではなく、思い通りにコントロールしやすくなるメリットもあります。

「ULTIZIP GROOVES」は、RTX史上、最も深い溝を施し、溝の本数も増やすことで、スピン量が増大する効果が期待されています。

最後に「C-Shaped Grind」です。いわゆるCグラインドで、トウ側とヒール側を削って、「C」の文字のように半月形のバウンス面が残された形になります。これはかなり丁寧に出来ていて、ソールを見て、惚れ惚れしました。ショットとしては、レベルブローに打つゴルファーに向いていて、コンディションもやや固めの地面が向いています。

フルフェースのウェッジは各メーカーが市場投入していますが、『クリーブランド RTX FULL-FACE ウェッジ』は、なかなか思い切った雰囲気が出ています。つまり、オールマイティーよりも、より特定のターゲットを意識しているように感じさせるのです。わかる人であれば、見た瞬間に、自分のために作ってくれたウェッジだと感動するかもしれません。

試打した日は、薄曇りで、気温は22度〜29度。微風、地面はやややわらかい状態でした。使用したボールは『TOUR BX』です。

元々、RTXウェッジを使っていたこともあるので、『クリーブランド RTX FULL-FACE ウェッジ』の56度と58度を興味津々で試打しました。
 
 
このページの上部へ

TOUR Columnコラム

コラム一覧

LESSONレッスン

レッスン一覧

GEAR NEWSギアニュース

ギアニュース一覧

GEAR Columnコラム

ギアコラム一覧

TRENDトレンド

トレンド一覧