ティーチングプロ選手権
スコア速報

最新アイアンがN.S.PROを続々採用! モーダス³TOUR115と850GH neoが純正シャフトに選ばれるワケ

日本シャフトから、2022年に「MODUS³ TOUR115」と「850GH neo」が登場。これに先駆け、今秋から発売されるニューアイアンが続々と、純正シャフトとして2モデルを採用している。両モデルの特性を鹿又芳典氏に解説してもらうとともに、各クラブメーカーに純正シャフトに選んだ理由を聞いた。(ピンの『i59』と『G425』はカスタムシャフトとして『850GHneo』と『モーダス³ツアー115』を採用)

2021年09月22日

 
テスター/鹿又芳典氏
かのまた・よしのり/1968年生まれ、東京都出身。クラブフィッター兼クラフトマンとして千葉県内でクラブ工房「Magic」を経営。クラブの性能評価でも優れたスキルを持つ

N.S.PRO MODUS³TOUR115はフィーリングも重さもスチールシャフトの“ど真ん中”

PGAツアーのトッププロの声を取り入れ、2010年に誕生した「モーダス3」シリーズ。10年の間にメジャー制覇を成し遂げ、全世界で積み重ねた勝利数は240以上。この夏には累計販売本数850万本を達成し、プロはもちろん、アマチュアにも支持されるシリーズに成長した。そんな「モーダス3」の最新モデルが「ツアー115」だ。重量設定は、主流である60g台のドライバーシャフトとのマッチングを考慮した115g〜120gとなっている。
「シャフト選びの基準になるモデルです」(鹿又氏)
「モーダス3」といえば、「ツアー120」や「ツアー130」のように個性的な挙動のモデルという印象を持つ人は少なくないが、「ツアー115」はクセのない動きが特徴だ。既存のモデルと弾道を比較すると、球の高さもスピン量も比較的、中庸。良い意味で存在感のないモデルといえるのだ。素直な挙動ということは、スイングに追従するフィーリングが味わえると言い換えられる。つまり、スイングのエネルギーをダイレクトにボールに伝えやすいモデルなのだ。重さもフィーリングも“ど真ん中”の「ツアー115」は、今後、重量スチールシャフトの基準となるに違いない。

〈鹿又解説〉N.S.PRO MODUS³ TOUR115はこんなシャフト

100〜130gの重量スチールシャフトの中で、「ツアー115」はちょうど真ん中の重さ。また、剛性感が程よく、素直なしなりが特徴です。他社メーカーも含め、100gを越えるスチールシャフトの中心に位置する存在です。今後、シャフト選びの基準、主流になるモデルです。

〈ミズノ〉Mizuno Pro223×モーダス³ツアー115(10月発売予定)

ミズノ片山直氏
このモデルは、向上心を持ってゴルフに取り組む人がターゲット。コンパクトなキャビティアイアンで、操作性と打感の良さに飛距離性能をプラスしています。ヘッド性能とターゲット層を踏まえると、「モーダス³ ツアー115」がよりマッチするのではと考えました。程よい重量と素直な挙動なので、多くの人が振りやすさを感じるはず。日本シャフトさんは、弊社と同じく国内に工場を持つ日本のメーカー。品質面にも非常にこだわってらっしゃいますので、ヘッドの良さを引き出してくれます。

〈鹿又インプレッション〉Mizuno Pro223×モーダス³ツアー115

「ミズノらしいソリッドな打感が魅力のひとつ」(鹿又氏)
ミズノらしいソリッドな打感を踏襲しているモデル。重心距離が短く、コントロール性が高いのも特徴的です。このタイプのヘッドは、左方向へのミスを警戒するものですが、ネジれにくい「ツアー115」の特性で、左を恐れずしっかり振り切れます。

〈タイトリスト〉T100/T100・S×モーダス³ツアー115(9月24日発売 ※「T100・S」オリジナルシャフトは10月15日発売)

アクシネット ジャパン インク佐々木大輔氏
「Tシリーズ」には、“高初速・高弾道で飛び、左右のバラつきを抑えて目標の場所にピタリと止める”というコンセプト「3D Focus Elements」があります。単に飛ばすだけではないという考えは、モーダス³の「左右・高低、距離、方向性の3要素をコントロールする」というコンセプトに通じ、「T100」と「T100・S」のパフォーマンスを高めてくれます。その中で、「モーダス³ ツアー115」を採用したのは、アイアンに必要な弾道、ヘッドパフォーマンスを最大限引き出してくれるからです。

〈鹿又インプレッション〉T110/T100・S×モーダス³ツアー115

「素直な球が打てるT100、T100・Sと良い意味で主張しない『ツアー115』は相性抜群」(鹿又氏)
「T100」も「T100・S」も、トップブレードが薄くシャープでコンパクト。デザインのカッコよさも魅力です。打感も気持ちよく、素直な球が打てるのがポイント。クセがなく、良い意味で主張しない「ツアー115」が、ヘッド性能をさらに引き出します。

〈グローブライド〉ONOFF KURO×モーダス³ツアー115(発売中)

グローブライド山?誠司氏
前モデルでは、純正シャフトとしてモーダス³シリーズの「ツアー105」と「システム3 ツアー125」を採用しました。新モデルでは、評価の高かった「ツアー105」を引き続き採用し、「『システム3 ツアー125』のフィーリングは好きだけど、少し重く感じる」というユーザーに向け、「ツアー115」をラインナップしています。「システム3 ツアー125」の手元の粘り感、先端のしっかり感を踏襲しながら軽量化されているので、これまで以上にスムーズに振れるはずです。

〈鹿又インプレッション〉ONOFF KURO×モーダス³ツアー115

「『モーダス³ツアー115』のシャープなしなり感は大型ヘッドにマッチします』」(鹿又氏)
中空構造でやさしい飛びを追求しながら、フィーリングにもこだわったヘッド。また、重心を深く設定し、慣性モーメントを大きくしてミスの寛容性も高めています。「ツアー115」のシャープなしなり感により、ヘッドの特性を存分に堪能できますね。
 
 
このページの上部へ

TOUR Columnコラム

コラム一覧

LESSONレッスン

レッスン一覧

GEAR NEWSギアニュース

ギアニュース一覧

GEAR Columnコラム

ギアコラム一覧

TRENDトレンド

トレンド一覧