女子ファイナルQT
成績表

60度以上の大ロフトウェッジは、アマチュアに使いこなせるのか?

text by kazuhiro koyama

2017年06月22日

ツアープロの定番、ロブウェッジの難しさとは?

 
松山英樹は60度のロブウェッジを使用。日本ツアー時代にいれていなかっただけに、大ロフトウェッジはPGAツアーのマストギアといえる
 海外トッププロのクラブセッティングを見てみると、多くの選手がバッグに60度以上のロブウェッジを入れている。ロブウェッジとは、サンドウェッジよりもさらにロフト角が大きく、よりボールが上がり、その分、距離は出ないクラブだ。その名の通り、ふわりとボールを高く上げるロブショットを打ちやすい。

 このロブショットの世界一の使い手だと衆目の一致するのが、フィル・ミケルソンだ。そのミケルソンは、自身の監修モデルである『Mack Daddy PM-Grind ウェッジの』60度と64度をバッグに入れている。彼ほどの名手になると、この2本を使い分けて、さまざまな球筋のロブショットを打ち分けられる。

 松山英樹は、60度のロブウェッジを使っている。最近はピンが近い状況などで、ロブを打つケースが増えてきているようだ。アプローチに定評のある石川遼は、昨年の終盤から、64度のウェッジを使用していることが話題になった(⇒参考/石川遼がロフト64度のウェッジをバッグに入れた理由とは?)。両者とも日本で戦っている時には、これらのクラブを使うことはなかった。PGAツアーを戦うには、60度以上のウェッジがマストアイテムなのだと言えそうだ。

 一方、アマチュアの場合は「60度以上のウェッジは不要」という意見が圧倒的だ。専門家の多くは、60度以上はおろか、58度であっても難しいので、56度前後で、ある程度ロフト角が立っているウェッジを選ぶ方が良いという。ちなみにバウンス角は10度以上の大きめが良いというのが定説だ。

 それらの意見には説得力がある。ロフト角の大きな60度以上のウェッジには、以下のようなデメリットが発生しやすい。アマチュアゴルファーであれば、なおさらその傾向が強いだろう。

1.大きなミスが出やすい。
2.結果のバラツキが大きい
3.距離感が出しにくい

 簡単に解説すると、60度以上のウェッジだと、例えばラフからのショットでボールの下をくぐってしまい、ダルマ落としのミスになりやすい。ロブショット自体、ややダルマ落とし気味にボールをとらえていく技なので、その加減次第で、確実に1打以上のミスになる。また、ボールが打ち出されるスピードが遅いので、2度打ちの危険性も高い。どちらも大きな代償を払うミスになる。

 また、大きなミスにならなくても、ロフト角が大きくなると、それだけフェースの上をボールが滑り、その滑り度合いによって結果の差が出やすい。同じような振り幅で打ったつもりでも、その微妙な加減で、飛距離のバラツキが大きくなる。

 その結果、距離感が出しにくくなる。バッグの中で一番距離感を出すのに適しているのは、もちろんパターだ。パターは、クラブの中でもっともロフト角が少ない。短いショットの場合、ロフト角は大きい方が、距離がバラツキやすいのだ。

 だが、デメリットばかりのクラブを大多数のプロがバッグに入れるはずがない。その利点とはどこにあるのだろうか。
 
 
このページの上部へ

TOUR Columnコラム

コラム一覧

LESSONレッスン

レッスン一覧

GEAR NEWSギアニュース

ギアニュース一覧

GEAR Columnコラム

ギアコラム一覧

TRENDトレンド

トレンド一覧