ALBA806号(10月8日発売) | ALBA-TrossView

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > 雑誌 > 雑誌関連 > 記事

マガジンMagazines Column

ALBA806号(10月8日発売)

2020年10月07日

ALBA806号(10月8日発売)

凛々しい表情の石川遼プロが今号の目印です
Amazonでの購入はこちらから

楽天での購入はこちらから

ALBA806号目次・ラインナップ

【巻頭特集】つかまった球を毎回打ちたい!
【特集企画】アイアンもうダフらない
【特集企画】パターはフォローでピタッと止める
【情報企画】マイクラブを賢く売ろう
【金のALBA】注目最新ドライバー全カタログ

【巻頭特集】つかまった球を毎回打ちたい

 多くのアマチュアゴルファーにとって、最大の悩みはやはりボールがつかまらないことだと思います。

 特にドライバーでは、コスリ球で右に曲げたり、それを嫌がって引っかけてしまったり…。大叩きの原因になることも少なくありません。

 今回のレッスンでは、そんなスライスを強いフェードに、引っかけ球をコントロールされたドローに変える方法を解説いたします。

 つかまった球を身につければ、飛距離も方向性も手に入る! ぜひチェックしてみてください。

【特集企画】アイアン、もうダフらない!

 芝がふかふかしている夏ならまだしも、これから芝が薄〜くなっていくと、アイアンのダフリが怖くなってきますよね?

 そんな不安を解消するには、今のうちに正しいハンドファーストを身につけましょう! ヘッドの入りがよくなって、アイアンのタテ距離もバッチリ整いますよ。

 でも、間違った解釈をしてしまっている人が多いのも、ハンドファーストという動きの特徴。そこで冒頭のページでは、ハンドファーストに関するクイズを出題しています。答えわかりますか?
正解は本誌でぜひご確認ください。

【特集企画】パターはフォローでピタッと止める

 タイガー・ウッズをはじめ、リッキー・ファウラーや日本人では藤田寛之プロなど、パットの名手たちのストロークを見ると、ヘッドがフォローでピタッと止まっています。

 実はこのピタッと止める動きに、パターを上達させるための重要な核心があったのです。パターコーチの大本研太郎プロに聞くと、正しい振り子ストロークができていると、彼らのような打ち方になるようです。

 正直このレッスン、パターに関する考え方が一変しますよ! ぜひ内容は本誌で!

↓806号本誌購入はこちらから↓



1 2 3最後

おすすめコンテンツ

渋野日向子が復帰! 樋口久子 三菱電機レディスの組み合わせ
渋野日向子が国内復帰! 「樋口久子 三菱電機レディス」の組み合わせはこちら。
「樋口久子 三菱電機レディス」 撮れたてLIVEフォトはこちら
渋野日向子が国内復帰! 「樋口久子 三菱電機レディス」の撮れたてライブフォトはこちらでチェック。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!