ALBA793号(3月26日発売) | ALBA-TrossView

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > 雑誌 > 雑誌関連 > 記事

マガジンMagazines Column

ALBA793号(3月26日発売)

2020年03月25日

ALBA793号(3月26日発売)

アイアンを語る松山英樹プロが目印です

今号は豪華版! 2つの特別付録がついてます!

松山プロに実際に試してもらいました
   
今号のおすすめはなんといっても、豪華な2大付録です!

1つ目は『松山英樹のインパクト体感シート』です。巻頭特集「松山英樹 世界で一番アイアンが上手い理由」では、松山英樹プロのアイアン技術についてご紹介していますが、その中で松山プロに直接聞いたインパクトでのシャフト向きを体感できるシートを作りました。ぜひ世界一のアイアンはハンドファースト? それともスクエア? ぜひ本誌でご確認ください。

2つ目は『パターロフトチェッカー』。スコアに直結する大事なクラブであるパターですが、自分が使うクラブのロフトって意外と考えていないもの。まずは自分のパターのロフトを知っておくと、理想のストロークが見えてきます!

ALBA793号目次・ラインナップ

【巻頭特集】松山英樹世界で一番アイアンが上手い理由
【特集企画】1番入るロフトは何度?
【情報企画】ニセモノクラブに気をつけろ
【金のALBA】ゴルフをするほど健康になれる

【巻頭特集】松山英樹 世界で一番アイアンが上手い理由

かつてここまで松山プロが自分のスイング論について語ったことはありませんでした
 世界最高のPGAツアーで活躍を続ける日本人最強ゴルファー松山英樹プロ。そのアイアンショットの切れを“世界一”と称する声も少なくありません。

 その技術の神髄はどこにあるのか?

 今回は、東北福祉大学の先輩にあたる谷口拓也プロが松山本人に直撃。スイングの変化や今、取り組んでいること、ずっと変わらないルーティンや練習法などなど。ゴルフファンなら誰もが気になる内容が盛りだくさんです!

【特集企画】1番入るロフトは何度?

 パターってスコアを作る上でとても大事なクラブですが、ロフトについて考えたことはありますか?

 実はパターもインパクト直後は少し滑空しており、落下後に回転を始めています。つまり、ロフトによってコロがりは大きく変わるのです。

 今回の特集では、ロフトによるコロがりの変化や理想的なストロークの身につけ方などをご紹介。パターも、ストロークも見直して、これからのゴルフシーズンに備えましょう!
1 2 3最後

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!