ドラコン401ヤードの公式記録を持つプロによる、飛ばすためのレッスンコラム!

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > レッスン > 誰でも出来る 実践ゴルフ講座

児玉 克彦(こだま・かつひこ)
1975年生まれ。茨城県セベバレステロスゴルフクラブ所属プロ。 留学先の米国でゴルフと出会い、プロゴルファーの道へ。2005年、ドラコン公式記録401ヤードを記録し世界ドラコン大会に出場。2006年Gyao&ALBA主催ドラコン大会にて初代ドラコン王に輝く。現在はプロ活動のほか茨城県でレッスンスタジオ「Deam-72」を主宰し、アマチュアゴルファーへのレッスンも行っている。

ディボット跡からの打ち方

思考                            2013年08月08日12時12分
ディボットにはまってもスコアを崩さないよう、打ち方をマスターしよう
 せっかくフェアウェイのど真ん中にティショットを打てたのに、小さなディボットに入っていることがたまにあります。それは、運が悪かったと諦めるしかないのですが、そこからスコアを崩さないようにしたいものです。ちゃんと打ち方さえ分かっていればある程度ボールを飛ばしてグリーンに乗せたりグリーンの近くまで持っていくことが出来ます。

 まずは、右打ちの人はボールの位置をできるだけ右に置きます。右足の内側、右足の前に置きます。ボールを右に置く事によって、クラブが地面を打つ前にボールに当てることが出来るようになるからです。いわゆるダフリ防止ということになります。ボールを右足寄りに置く事によりボールはいつもより低く飛ぶことを頭に入れておきましょう。

 スイング中は、手首のコックを早めに使ってコックを大きく入れていきますが、大きく振りかぶるような大きいスイングは避け、普段よりコンパクトになる感じでスイングするほうが良いでしょう。体重移動も大きくせず、左足体重で頭を動かさないようにスイングしていきます。上手く当てる事を最優先するということです。

 インパクトでは、フェース面をターゲットに直角に当てる事を最優先します。ディボットの中にあるボールを右足寄りに置いて鋭角に打ち込んでいきますから、インパクト直後にスイングは終了するような形になります。ボールに直角にぶつけたら終わりという感じです。その時に、地面に刺さる衝撃が大きいので、手首にしっかり力を入れていないと手首を怪我することがあるので注意してください。

 7番アイアンで150ヤード飛ぶ人なら140ヤードくらいしか飛ばさないつもりと考えると良いと思います。しかもボールが低く飛んでいくので、キャリーはいつもより少なくランが多くなることを覚えておきましょう。池、バンカー越えなどハザード越えのときには、ダフリたくないうえ、ハザードも越えたいところなので、難しいショットになります。まずは安全策を考えて、手前に刻むのも良いと思います。その時も打ち方の基本は同じです。まずは、ダフらない構えとスイングでボールをトップさせていきましょう。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」ライブフォト
「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」のライブフォトをお届け! “シブコ・フィーバー”が止まらない!
米男ツアー「BMW選手権」速報
松山は最終戦に向けての正念場!「BMW選手権」の速報はこちら
川村昌弘が出場!「D+Dレアルチェコマスターズ」速報
川村が出場する欧州ツアー「D+Dレアルチェコマスターズ」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!