【90切り】左手甲をボールにぶつけるイメージでダフリ知らず! | 3段階レベル別上達法〜90切り〜アプローチの種類を増やす【ALBA本誌連動】

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > レッスン > レッスン関連コラム > 記事

【90切り】左手甲をボールにぶつけるイメージでダフリ知らず!

90を切るには、パーオンを逃がしたホールでいかにパーを拾うかが大事。難しいライなら確実にグリーンに乗せ、花道などのやさしいライからは1パット圏内に収めたい。インパクトゾーンが長ければ、少々タイミングがズレても大きなミスにならない。ポイントは左手の甲にある。

2020年10月14日

左腕を外側に回して、左手甲を地面に向ける

 
左腕を外側に回しながら、左手甲をボールにぶつけるイメージ。クロスハンドで練習するのが効果的だ
インパクトをゾーンに、ヘッドを低く長く動かすには左右の手の役割を知ることが大切です。インパクトで左手甲と右手のヒラが地面に向くのが理想。左手甲をボールにぶつけていくようなイメージで打てば、すくう動きがなくなり、ダフリやトップのミスの幅を軽減することができます。

ポイントは腕の動かし方。人は力むと腕を内側に回す傾向があるので、左手の甲が上を向きます。さらに、左ワキが開くことによってインパクトが点になり、少しでもズレれば大きなミスを招く。プレッシャーのかかる場面では特に注意が必要で、腕はリラックスさせ、意識的に左手を外側に回すことを忘れないでください。

理想的な動きがわかりやすいのがクロスハンドのドリルです。左腕が体から離れたり、左手首を甲側に折ったりできないので、左手の甲をボールにぶつけていくイメージが実感できると思います。

肩はヨコ方向ではなく、タテ方向に動かす

前傾角度をキープしながら、肩をタテ方向に回して打つ。両ワキにクラブを挟むと、肩の動きがわかりやすい
   
もう1つのポイントは、肩をタテ方向に回すこと。ヨコ方向に回すと、ヘッドが下から入って、相当上手く打たないと、ダフリとトップ両方のミスが出ます。前傾角度をキープしたまま肩をタテ方向に動かせば、インパクトゾーンが長くなる。多少ダフっても、ボールが思ったところに飛んでくれます。

(この記事は2018年8月9日発売のALBA754号に掲載されました)

■3段階レベル別上達法〜100切り〜ドライバーのOBを防ぐ
■3段階レベル別上達法〜90切り〜アプローチの種類を増やす
■3段階レベル別上達法〜80切り〜アイアンの状況別に備える
長谷川哲也
はせがわ・てつや/77年生まれ。千葉県出身。17歳でゴルフを始め、5年間の研修生を経た後、プロキャディとして深堀圭一郎、岡本綾子、横峯さくらのバッグを担いでツアーを転戦した。現在は千葉県の「DEPARTURE GOLF ACADEMY」を中心にレッスン活動を行い、ジュニアの育成にも力を入れている

1

おすすめコンテンツ

渋野日向子が復帰! 樋口久子 三菱電機レディスの組み合わせ
渋野日向子が国内復帰! 「樋口久子 三菱電機レディス」の組み合わせはこちら。
「樋口久子 三菱電機レディス」 撮れたてLIVEフォトはこちら
渋野日向子が国内復帰! 「樋口久子 三菱電機レディス」の撮れたてライブフォトはこちらでチェック。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!