【90切り】ギュッと握らないのがポイント フワッと上げる2つのドリルに挑戦しよう | 3段階レベル別上達法〜90切り〜アプローチの種類を増やす【ALBA本誌連動】

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > レッスン > レッスン関連コラム > 記事

【90切り】ギュッと握らないのがポイント フワッと上げる2つのドリルに挑戦しよう

90を切るには、パーオンを逃がしたホールでいかにパーを拾うかが大事。難しいライなら確実にグリーンに乗せ、花道などのやさしいライからは1パット圏内に収めたい。距離の短い10ヤード前後のアプローチで、パンチを入れずにフワッと寄せるには?

2020年10月07日

やわらかく打つときは、大文字の「Y」でインパクト

 
腕とクラブで大文字の「Y」を作ってインパクトすれば、フワッとやわらかい出球になる
ボールを高く上げるのではなく、出球の勢いを弱めてやわらかく打つアプローチは、10ヤード前後の短い距離からチップインを狙うシチュエーションや、傾斜を越してラインに乗せたいときなどに重宝します。

ポイントはクラブの重さ分だけハンドファーストに打つこと。ランニングアプローチやピッチエンドランのインパクトは、腕とシャフトがアルファベットの小文字の「y」の形になる強いハンドファースト。一方で、やわらかく打つアプローチは大文字の「Y」に近く、軽いハンドファーストが理想です。ロフト通りの高さで、振ったなりのスピードでフワッと打ち出せます。

第一段階は、両手の人差し指と親指を外して打つ

両手の人差し指と親指をグリップから外して握る。そうすれば、ヘッドの重みを感じながら打てる
もう一つのポイントは、ヘッドの重さを感じられるグリッププレッシャーで握ること。ギュッとでもなく、ユルユルでもない。その感覚を養うために2つのドリルを紹介します。

第一段階は、両手の人差し指と親指をグリップから外して打つ。それだけでヘッドの重みが感じられ、右手でリリースすることができなくなるので、ガツンと打ったり、すくい打ちのトップが出にくくなります。

第二段階は、グリップを両手のヒラで挟んで打つ

手のヒラを合わせるようにしてグリップを挟む。手先でクラブを操作できないので、体の回転で打てるようになる
第二段階は難易度がアップ。グリップを握らずに両手のヒラで挟んで打ちます。そうすると、手先でクラブを動かせないので体と腕の動きが一体化。体の回転で振る意識を持つとフワッと打つことができます。近いアプローチが苦手だという人は、強く握りすぎているかもしれないので、ぜひ2つのドリルにトライしてみてください。

(この記事は2018年7月26日発売のALBA753号に掲載されました)

■3段階レベル別上達法〜100切り〜ドライバーのOBを防ぐ
■3段階レベル別上達法〜90切り〜アプローチの種類を増やす
■3段階レベル別上達法〜80切り〜アイアンの状況別に備える
長谷川哲也
はせがわ・てつや/77年生まれ。千葉県出身。17歳でゴルフを始め、5年間の研修生を経た後、プロキャディとして深堀圭一郎、岡本綾子、横峯さくらのバッグを担いでツアーを転戦した。現在は千葉県の「DEPARTURE GOLF ACADEMY」を中心にレッスン活動を行い、ジュニアの育成にも力を入れている
1

おすすめコンテンツ

渋野日向子が復帰! 樋口久子 三菱電機レディスの組み合わせ
渋野日向子が国内復帰! 「樋口久子 三菱電機レディス」の組み合わせはこちら。
「樋口久子 三菱電機レディス」 撮れたてLIVEフォトはこちら
渋野日向子が国内復帰! 「樋口久子 三菱電機レディス」の撮れたてライブフォトはこちらでチェック。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!