【90切り】FWの“パター打ち”で、薄芝や砲台グリーンを簡単攻略! | 3段階レベル別上達法〜90切り〜アプローチの種類を増やす【ALBA本誌連動】

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > レッスン > レッスン関連コラム > 記事

【90切り】FWの“パター打ち”で、薄芝や砲台グリーンを簡単攻略!

90を切るには、パーオンを逃がしたホールでいかにパーを拾うかが大事。難しいライなら確実にグリーンに乗せ、花道などのやさしいライからは1パット圏内に収めたい。状況に応じてFWやUTも使うことで、寄せワンの確率はもっと増えるぞ。

2020年09月30日

ソールが広いFWは、薄芝からやさしく打てる

 
FWやUTはウェッジに比べてソールが広く、上下に打点が広いので、薄芝やベアグラウンドでもダフリやトップのミスは出ない
アプローチは“ウェッジ”と決めつけていませんか。FWやUTはウェッジに比べてソールが広いので、薄芝やベアグラウンド、砲台グリーンなど難しいライからもやさしく寄せられるのです。状況に合わせて自由な発想でクラブ選択をすることで、90切りの確率はアップします。

パターの握りで短く持ち、腕の五角形を保って打つ

パターと同じ握り方でギリギリまで短く持つ。そして、ヒジにゆとりをもたせて腕の五角形をキープしてパッティングのイメージで打つ
打ち方のポイントは、パターと同じように振ること。パターの握り方で短く持ってください。私の場合は、逆オーバーラッピングで左人差し指を伸ばしています。まったく同じにするからこそ、腕と胸で作る五角形を保った“パター打ち”がしやすくなるんです。パターよりロフトが寝ている分、打ち出しが高くキャリーが出ますが、打ち方を揃えることで距離感が合いやすくなりますよ。

(この記事は2018年7月12日発売のALBA752号に掲載されました)

■3段階レベル別上達法〜100切り〜ドライバーのOBを防ぐ
■3段階レベル別上達法〜90切り〜アプローチの種類を増やす
■3段階レベル別上達法〜80切り〜アイアンの状況別に備える
長谷川哲也
はせがわ・てつや/77年生まれ。千葉県出身。17歳でゴルフを始め、5年間の研修生を経た後、プロキャディとして深堀圭一郎、岡本綾子、横峯さくらのバッグを担いでツアーを転戦した。現在は千葉県の「DEPARTURE GOLF ACADEMY」を中心にレッスン活動を行い、ジュニアの育成にも力を入れている
1

おすすめコンテンツ

松山英樹、石川遼ら出場! 「ZOZOチャンピオンシップ」の最終結果
松山英樹、石川遼、金谷拓実ら日本勢8人が出場! 「ZOZOチャンピオンシップ」の最終結果はこちら。
米女子ツアーの最終結果
米国女子ツアー「LPGAドライブ・オン選手権-レイノルズ・レイク・オコニー」の最終結果はこちら。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!