【90切り】ベアグラウンドからの寄せは、ヒールを浮かせてパット打ち | 3段階レベル別上達法〜90切り〜アプローチの種類を増やす【ALBA本誌連動】

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > レッスン > レッスン関連コラム > 記事

【90切り】ベアグラウンドからの寄せは、ヒールを浮かせてパット打ち

90を切るには、パーオンを逃がしたホールでいかにパーを拾うかが大事。難しいライなら確実にグリーンに乗せ、花道などのやさしいライからは1パット圏内に収めたい。今回は運悪く止まったベアグラウンド。寄せワンは無理でも、大きなミスは絶対に避けたい。いったいどうすりゃいいの?

2020年06月17日

ボールの近くに立って、真上からボールを見る

 
ウェッジのヒールを浮かせて少しトゥ寄りにセット。地面とのソールの接地面積が少なくなるので、ベアグラウンドのようなライでもダフリやトップが出にくい
試合の中継を見ていると、ベアグラウンドからボールを右足寄りに置いて、上から「カツッ」と打つシーンを見ますが、グリーン周りで大きなキャリーを必要としない場合は、もっと簡単かつ安全に寄せられる方法があります。

両手首を「これ以上は無理」というくらいまでピンと伸ばしてハンドアップし、ウェッジのヒールを浮かせてパットのように打つのが僕のオススメ。手首がロックされるので、構えたところに戻しやすく、正確にヒットできるんです。またヒールを浮かせることで、地面と接地する面積が少なくなりダフりづらくなります。

ベアグラウンドで手首を使って上から入れると、ヘッドを入れる位置がとてもシビアで、ダフリ・トップのミスが出やすい。練習不足の人は特に危険です。手首を伸ばした分、ボールに近く立って、真上からボールを見るように構えれば、パッティングのように肩でストロークしやすくなりますよ。
アドレスでは手首を目いっぱい伸ばしてボールの近くに立ち、ハンドアップ気味に構える。パターのような感覚で打てるので、当てることへの不安はかなり軽減される
   
(この記事は2019年6月13日発売のALBA774号に掲載されました)

■3段階レベル別上達法〜100切り〜ドライバーのOBを防ぐ
■3段階レベル別上達法〜90切り〜アプローチの種類を増やす
■3段階レベル別上達法〜80切り〜アイアンの状況別に備える
目澤秀憲
めざわ・ひでのり/ 91年生まれ。東京都出身。インドアゴルフスタジオ『Five elements 西麻布店』でヘッドインストラクターを務めながら、ツアープロコーチとして河本結を指導。日本に数名しかいないTPI(Titlist Performance Institute)Level 3 GOLF & JUNIORを持ち、アメリカの最先端の理論を常に吸収しながら、ツアープロからアマチュアまで幅広いゴルファーを教えている。
1

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山英樹が出場! 「ロケット・モーゲージ・クラシック」のリーダーボード
米国男子ツアー再開4戦目「ロケット・モーゲージ・クラシック」のリーダーボードはこちら!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
春に着たかった! 女子プロ勝負ウエアコレクション
「これを着てプレーしたかった!」という、お気に入りの“勝負ウェア”をコメントとともに披露!
あなたの上達手伝います プロキャディからの助け舟
一番近くでプロゴルファーのプレーを見ているプロキャディに、アマチュアゴルファーのスコアアップにつながる“アドバイス”を聞いた!
【レッスンコミック】宮里道場を期間限定で公開中!
ステイホーム中はレッスンコミックでうまくなりましょう。期間限定で宮里道場を公開中!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!