【100切り】振り遅れないドライバーは最初が肝心 バックスイングで“左ヒザ”を我慢しよう | 3段階レベル別上達法〜100切り〜ドライバーのOBを防ぐ【ALBA本誌連動】

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > レッスン > レッスン関連コラム > 記事

【100切り】振り遅れないドライバーは最初が肝心 バックスイングで“左ヒザ”を我慢しよう

100を切るにはつまらないダボを防ぐこと。ドライバーでOBを一発打つだけで2打損をする。コース内に収まるくらいのドライバーの精度があれば100は切れるのだ。飛ばそうとすると、体が動きすぎて振り遅れがち。ポイントはバックスイングの“左ヒザ”にある。

2020年10月05日

左ヒザが右に動くと、体は右に流れる

 
左ヒザの位置をキープすると、トップが自然とコンパクトに。左ヒザが右に動くと、体も右に流れてしまう
   
飛ばそうとするとトップを高く上げたい、肩を深く回したいと誰もが思うことですが、これが振り遅れの原因になります。バックスイングで土台となる下半身が右にズレると、インパクトではヘッドが下から入り、フェースが開いてしまうのです。特に注意したいのは“左ヒザ”のポジション。バックスイングで“左ヒザ”が一緒に右に動くと、体は右に流れてスエーしやすいのです。

左ヒザは目標に動かすイメージで上げる

クラブは右方向に上げながら、左ヒザは目標方向(左方向)に動かすくらいの意識を持つと、その位置をキープできる
なので、バックスイングでは“左ヒザ”を目標方向に動かす意識を持っておくと、下半身が崩れず、トップがコンパクトになります。クラブが暴れないので、切り返しがスムーズになり、インパクトでフェースをスクエアに戻すことができるのです。

(この記事は2017年4月13日発売のALBA722号に掲載されました)

■3段階レベル別上達法〜100切り〜ドライバーのOBを防ぐ
■3段階レベル別上達法〜90切り〜アプローチの種類を増やす
■3段階レベル別上達法〜80切り〜アイアンの状況別に備える
目崎澄
めざき・きよし/73年生まれ、群馬県出身。高校卒業後にゴルフを始め、11年にPGAティーチングプロライセンスを取得した。現在は、群馬県にあるレーサムゴルフ&スパリゾートのアカデミーでヘッドプロを務める。ゴルフ場ならではのコースレッスンが人気
1

おすすめコンテンツ

松山英樹、石川遼ら出場! 「ZOZOチャンピオンシップ」の最終結果
松山英樹、石川遼、金谷拓実ら日本勢8人が出場! 「ZOZOチャンピオンシップ」の最終結果はこちら。
米女子ツアーの最終結果
米国女子ツアー「LPGAドライブ・オン選手権-レイノルズ・レイク・オコニー」の最終結果はこちら。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!