【100切り】テンプラが出たら、左カカトを1センチ上げたまま振ってみよう | 3段階レベル別上達法〜100切り〜ドライバーのOBを防ぐ【ALBA本誌連動】

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > レッスン > レッスン関連コラム > 記事

【100切り】テンプラが出たら、左カカトを1センチ上げたまま振ってみよう

100を切るにはつまらないダボを防ぐこと。ドライバーでOBを一発打つだけで2打損をする。コース内に収まるくらいのドライバーの精度があれば100は切れるのだ。突如として出るドライバーのテンプラ。ボールが高く上がって飛距離が出ないために、素ダボを叩く可能性が高くなる。そんなテンプラを防ぐためには?

2020年09月14日

上体が左に突っ込むと、テンプラが出る

 
上体が左に突っ込むと、ヘッドが上から入りすぎて、ボールがフェースの上部に当たってしまう
ボールを強く叩こうとしてダウンスイングで上体が左に突っ込むと、ヘッドの最下点が左にズレます。その結果、ヘッドが上から入りすぎるため、ボールがフェース上部に当たり、テンプラが出るというわけです。

ラウンド中は、左カカトを上げたまま何回か素振りを行う

写真では大げさに表現しているが、実際には左足カカトは1センチくらい上げればいい。左カカトを上げたまま素振りをして、左にスエーしないで回る感覚を養おう
これを防ぐには、左へのスエーを止めて、その場でクルッと回転して打つこと。左カカトを上げたまま打つのが特効薬です。左カカトを浮かせていれば頭が右に残るので、アッパー軌道でボールを捉えることができます。

左カカトは1センチほど上げればOK。練習場なら実際にボールを打ち、ラウンド中なら何回か素振りをしましょう。そのときフルスイングする必要はありません。無理に振ろうとすると重が右に残りすぎてしまうので注意してください。
左足カカトが上がっていれば、頭が右に残り、その場でクルッと回転することができる
(この記事は2020年1月23日発売のALBA789号に掲載されました)

■3段階レベル別上達法〜100切り〜ドライバーのOBを防ぐ
■3段階レベル別上達法〜90切り〜アプローチの種類を増やす
■3段階レベル別上達法〜80切り〜アイアンの状況別に備える
難波健太朗
なんば・けんたろう/73年生まれ。山口県出身。瀬戸内高校、専修大を経て2001年にプロ転向。04年の日本プロゴルフ選手権でツアーデビューを果たした。現在は専修大学の先輩、藤田寛之校長のもと「ヤマハゴルフスクール」でヘッドコーチを務めている。葛城GC所属
1

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

ステップ・アップ・ツアーLIVEフォト実施中!
今週のステップは「中国新聞ちゅーピーレディースカップ」。熱戦の模様を写真で現場からお届け!
ステップ・アップ・ツアー今季第3戦 成績表はこちら
ステップ・アップ・ツアー今季第3戦「中国新聞ちゅーピーレディースカップ」の成績表はこちら。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!