【100切り】刀をサヤから抜くダウンスイングで、“ダフリチョロ”を撲滅 | 3段階レベル別上達法〜100切り〜ドライバーのOBを防ぐ【ALBA本誌連動】

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > レッスン > レッスン関連コラム > 記事

【100切り】刀をサヤから抜くダウンスイングで、“ダフリチョロ”を撲滅

100を切るにはつまらないダボを防ぐこと。ドライバーでOBを一発打つと、それだけで2打損をする。コース内に収まるくらいのドライバーの精度があれば100は切れる。OBも嫌だけど、ダフってチョロもダメージは大きい。つまらないダボを叩く原因の1つだ。これを撲滅するには、おもちゃの刀を使うといい。

2020年06月29日

手首の角度を保ったまま、腰を左に回す

 
トップで作った手首の角度を保ったまま、腰を左に回して引き下ろすと、スムーズに刀が抜ける。実際のダウンスイングでも、このイメージで下ろす
曲がるスイングのパターンの1つに“手打ち”がありますが、これは主にトップからダウンスイングで手を使ってクラブを下ろすのが原因。そうなると、手首のコックがほどけてリリースが早まり、ヘッドが手前に落ちるため、ドライバーでもダフったりするわけです。

このタイプの“手打ち”を修正するには、おもちゃの刀を使うのがオススメ。決してふざけていません。大真面目ですよ。写真で紹介しているように、おもちゃの刀を使ってトップを作り、サヤの部分を誰かに持ってもらいましょう。そこから刀をサヤから抜いていきます。

ここで、手から動かすと刀がうまく抜けず、サヤごと動いてしまいます。スムーズに抜刀するには、体を使ってクラブを引き下ろすこと。トップでの手と刀の位置関係を維持したまま腰を左に回すと、うまく刀が抜けるんです。手打ちにならず、かつインサイドから下ろせます。ドライバーでダフリやすい人には特効薬ですよ。
手を使わずに刀を下ろすと、切っ先が小さな弧を描きながら遅れて下りてくる。これが曲がらないダウンスイング
(この記事は2018年11月22日発売のALBA761号に掲載されました)

■3段階レベル別上達法〜100切り〜ドライバーのOBを防ぐ
■3段階レベル別上達法〜90切り〜アプローチの種類を増やす
■3段階レベル別上達法〜80切り〜アイアンの状況別に備える
吉本 巧
よしもと・たくみ/80年生まれ。兵庫県出身。ゴルフ修行のため14歳で単身渡米して腕を磨いた。アメリカでプロ転向しミニツアーに参戦。2006年からは国内でレッスン活動を開始した。現在は完全マンツーマンレッスンの「銀座ゴルフアカデミー」の代表を務める。スイングだけでなく、クラブ、フィジカル、メンタルなど、あらゆる面でゴルファーをサポートしている。
1

おすすめコンテンツ

松山英樹、石川遼ら出場! 「ZOZOチャンピオンシップ」のリーダーボード
松山英樹、石川遼、金谷拓実ら日本勢8人が出場! 「ZOZOチャンピオンシップ」のリーダーボードはこちら。
上原彩子が出場 米女子ツアーのリーダーボード
米国女子ツアー「LPGAドライブ・オン選手権-レイノルズ・レイク・オコニー」のリーダーボードはこちら。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!