【大里桃子先生】アイアンは“耳から耳”の振り幅でラインが出る | 教えて!女子プロ先生【ALBA本誌連動】

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > レッスン > レッスン関連コラム > 記事

【大里桃子先生】アイアンは“耳から耳”の振り幅でラインが出る

残り130ヤード前後は、グリーンに乗せるだけでなく、できればピンそばにつけたい。でもそんな思いとは裏腹にボールは左右に曲がりバンカーに入ったりする。「上げたい!飛ばしたい!と考えているとスイングが乱れますよ」というのは大里桃子先生。ピンに真っすぐ飛ばすライン出しショットを教えてもらおう。

カテゴリ:

2020年03月02日

■胸でスイングする意識で手元は耳の高さで収める

 
手でクラブを上げてオーバースイングになると、打点がブレやすい。胸でスイングする意識を持って、トップとフィニッシュを耳の高さに収めると手打ちを防止できる
アイアンショットが真っすぐ飛ばない人は、飛ばそうとしてオーバースイングになっていませんか? 手を使って大きく上げるとオーバースイングになり、手で戻さないと当たらないので、打点が安定しません。また、ボールを上げようとすると、右足体重になって軸が右に傾きダフったりしてしまいます。ボールが真っすぐ飛ばない人は、胸でスイングする意識を持ってください。アイアンは飛ばすクラブではなく狙うクラブ。そんなに振りかぶらなくても、トップとフィニッシュの手元は耳の高さで十分ですよ。

■右足を引いて左足体重で打つ練習でミート率が高まる

ボールを上げようとして右足に体重が残ってしまう人は、右足を引いて左足体重で打つ感覚を養おう
ダウンスイングで右足に体重が残ってダフりやすい人や、前傾が起き上がってしまう人は、右足を少し引いてツマ先立ちで打つ練習をしてみましょう。そうすると、軸がブレなくなりますし、左足に乗って打つ感覚ができます。特に当たりが薄くてショートしやすい人には効果テキメンですよ。

■“前ならえ”の形で回転するとグリーンを外さない

「前ならえ」の形で腕も手首も伸ばしたまま体を回転させると、手首をこねる動きが出ない
アイアンショットでラインを出すには、手首の動きを抑える必要があります。せっかくコンパクトに振っても、手首をこねてしまうとボールは左右に散らばってしまうんです。「前ならえ」の形で体を回転させると、手首の動きを抑えられます。フェースの向きが変わらないので方向性が安定するのです。

■「左手甲=フェース面」と思えばもっと曲がらなくなる

ボールがつかまらなかったり、つかまりすぎたりする人は、「左手甲=フェース面」と考えてスイングしてみよう
「前ならえ」で振っているのにボールがつかまらない人は、左手甲をフェース面だと思ってください。インパクトのときに左手の甲が目標を向いていれば、フェース面も目標を向いています。最初はアプローチのような小さなスイングで感覚をつかんでください。130ヤード前後のアイアンショットに自信が持てれば、スコアアップ間違いなしです!

(この記事は2018年12月13日発売のALBA762号、2018年12月27日発売の763号に掲載されました)

■大里桃子 プロフィール
■大里桃子 特選フォトギャラリー
■最新のALBAをチェック
1

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!