スイング前にこのアクション〜構えてジャンプ!どっしりアドレスで軸ブレなし【石川遼レッスン】 | 体感、実感、すぐ実践レッスン!直感ヒント試し打ち

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > レッスン > レッスン関連コラム > 記事

スイング前にこのアクション〜構えてジャンプ!どっしりアドレスで軸ブレなし【石川遼レッスン】

頭で理解していてもできないことはたくさんある。やれば体が理解する「直感ヒント」をやってみよう〜石川遼編(※ALBA672号掲載/2015年4月)

2019年02月07日

 
上半身はリラックスして、下半身がどっしりするのが理想的なアドレスの形。重心が下がってスイングが安定する。スイング軸や前傾角度のキープは、どっしりとしたアドレスから生まれる。軸がブレずにしっかりしているから速く振れるのだ
(1)アドレスの姿勢のままジャンプ

飛ばしたいと思うときほど上体に力が入って飛ばなくなるもの。そんなときはアドレスの姿勢から真上にジャンプ!

(2)どっしりとバランスよく着地

バランスが崩れないようにスッと着地。すると上半身の余分な力が抜けて、どっしりとしたアドレスで構えられる

上半身の力みが抜けて重心が下がります

「ここ一番飛ばしたいとき、意識しているのは軸なんです。飛ばしたいと思うと無意識に力が入ってしまうもの。でも上半身にガチガチに力が入っていると、体の重心が高くなって、軸ブレしやすくなります。かえって飛ばなくなる。だからそんなときは打つ直前に、アドレスの姿勢からジャンプ! 着地すると、上半身の力が抜けて、下半身がどっしりします。重心が下がることで、スイング軸が安定するんです。ドライバーの飛距離もジャンプアップしますよ」
上半身に力が入って固まると、体の重心が上がってきてしまう。これがドライバーが飛ばない原因の1つ。重心が高いアドレスだと、スイングが暴れやすい。スイング軸が上下左右にブレて、ミート率は下がり、ヘッドスピードは上がらない
「上体に力が入っていると軸ブレしやすい」〜石川遼/1991年生まれ、埼玉県出身。ツアー通算14勝。⇒プロフィールはこちら

ALBA最新号の特集ラインナップはこちらをクリック!
1

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」ライブフォト
「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」のライブフォトをお届け! “シブコ・フィーバー”が止まらない!
米男ツアー「BMW選手権」速報
松山は最終戦に向けての正念場!「BMW選手権」の速報はこちら
川村昌弘が出場!「D+Dレアルチェコマスターズ」速報
川村が出場する欧州ツアー「D+Dレアルチェコマスターズ」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!