世界一の再現性!フランチェスコ・モリナリのインパクトまで“タメなしダウン” | 連続写真で比較〜スコープビジョン【SCOPE VISION】

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > レッスン > レッスン関連コラム > 記事

世界一の再現性!フランチェスコ・モリナリのインパクトまで“タメなしダウン”

一流選手の連続写真から本当にアマチュアが学べるポイントだけを、プロコーチのパイオニア内藤雄士がクローズアップして解説。マシーンのような再現性を誇るモリナリのスイングをひも解く(ALBA760号掲載)。

2019年02月22日

フランチェスコ・モリナリのドライバー連続写真(正面)

 
   

フランチェスコ・モリナリのドライバー連続写真(後方)

   

10年前から同じスイングでも飛距離アップ

「ライダーカップでも5戦5勝とMVP的な大活躍をしたモリナリは、いま世界で最も再現性の高いスイングをしている選手だと思います。本当にマシーンのようです!

 米国の選手で、例えばバッバ・ワトソンやフィル・ミケルソンなどはトップが深くて、そこからダウンスイングで強烈なタメを作ってインパクトに行きます。

 しかし、モリナリは浅めのトップで少しシャフトが斜めになっていて、切り返しでリリースしながらクラブを下ろして行くのでほとんどタメがありません。早めのリリースによって、インパクトのかなり手前でフェースはスクエアに目標方向を向いている。だから、打球が曲がらないのです。ダウンスイングが、すごく静かで力感がありません。

 私が初めてモリナリのスイングを現地で見たのは2011年の全英オープンですが、実はその頃から全然スイングは変わっていません。おそらく欧州でデビュー直後からずっと今のスイングだと思います。

 でも最近は飛距離が伸びて、ここ2年で15ヤードくらい飛ぶようになった。それは“モリナリ体操”と言われる股関節でバランスをとりながら胸椎を回すトレーニングを長年続けてきた効果です。

 いきなり飛ばそうとしてスイングを変えるのではなく、スイングは変えずに体を鍛えたり、回転動作をスムーズにすることで飛距離を伸ばしていくのは理想的な進化だと思います」
1 2

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山・石川らが出場 「WGC-メキシコ選手権」速報
松山英樹、石川遼らが出場する「WGC-メキシコ選手権」の速報はこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!