畑岡奈紗〜ブレない下半身は女子プロイチ!安定ショットは右足キックで作る | 連続写真で比較〜スコープビジョン【SCOPE VISION】

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > レッスン > レッスン関連コラム > 記事

畑岡奈紗〜ブレない下半身は女子プロイチ!安定ショットは右足キックで作る

一流選手の連続写真から本当にアマチュアが学べるポイントだけを、プロコーチのパイオニア内藤雄士がクローズアップして解説。日本のエース格となった畑岡奈紗の“別格”スイングをひも解く(ALBA762号掲載)

2019年02月19日

畑岡奈紗 ドライバー連続写真(正面)

 
   

畑岡奈紗 ドライバー連続写真(後方)

   

他の女子プロにない強靭な下半身使い

「畑岡奈紗さんは米国女子ツアーで2勝していて、成績では日本のトップ選手や同年代の黄金世代と比べても頭1つ、2つ抜けていますが、スイングだけを見ても“別格”な感じがあります。

 女子プロはどうしても下半身の力が弱いので、テークバックで腕が動くと同時に重心が上がりやすい。実は賞金シード選手でも、優勝している選手でも、そうなっている場合があるのですが、畑岡は重心が全く上ずっていません。

 トップでは重心を下に向けたまま、体も捻転して、腕が高い位置にあります。これは、なかなか日本の女子プロでは作れないカタチで、デビュー当時の申ジエを彷彿とさせる下半身の安定感です。

 トップの写真を見ると右股関節辺りで、しっかりとシワが織り込まれているのがわかると思いますが、多くの女子プロはこの時点で体が右に流れて、重心が動いてしまっているので、この織り込みができていないのです。

 さらにダウンスイングでも、右足をしっかり蹴りながらも、重心が上ずらないで、下方向(ボール方向)に力が伝わっています。だから、強いボールが打てます。

 女子プロだと、ガッシリ系の体格の選手は重心が安定しやすく、強い選手が多いのですが、畑岡は体重の重さではなくて、下半身の筋肉で安定させているので、男性のようなアスリート的スイングができるといえます」
1 2

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「全米オープン」速報
メジャー第3戦「全米オープン」の速報はこちらから
全米OP撮れたて写真館
「全米オープン」が今週開幕!練習日からたっぷりお届け!
米女子ツアー「マイヤーLPGAクラシック」速報
畑岡らが出場する「マイヤーLPGAクラシック」の速報をチェック!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!