最強25歳コンビに見るアイアンの違い〜ハイトップで飛ばすジャスティン・トーマスと左足体重で曲げないジョーダン・スピース | 連続写真で比較〜スコープビジョン【SCOPE VISION】

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > レッスン > レッスン関連コラム > 記事

最強25歳コンビに見るアイアンの違い〜ハイトップで飛ばすジャスティン・トーマスと左足体重で曲げないジョーダン・スピース

一流選手の連続写真から本当にアマチュアが学べるポイントだけを、プロコーチのパイオニア内藤雄士がクローズアップして解説。ともに世界ランク1位を経験している25歳のトーマスとスピース。2人はジュニア時代からのライバルで、米国で最先端のスイング理論を学び成長したが…スイングは全く違うタイプだった!(※ALBA751号掲載)

2019年02月17日

スピースは現代風、トーマスはシニア系

「いま、米国ツアーで主役の20代選手は、最先端のスイング理論をベースにしています。アイアンだとトップは低めに抑え、フェースの開閉は少なく、左足重心でダウンブローに打ちます。

 特に、左利きのスピースは切り返し直後に早いタイミングで左足重心になっているので、とりわけアイアンに適したスイング。フォローでもフェースをまったく返さないのもイマドキです。

 その同世代で異色なのがトーマスです。トーマスは、ハイトップ&ハイフィニッシュで、昔のジャック・ニクラス世代に多いタイプ。シニアのチャンピオンズツアーなどでよく見ます。

 手元を高く上げることで、落下する力を利用する飛びに特化したスイングになっています」
 
高く上げて高く振り抜くからヘッドが走る

トップが高く、フィニッシュも高いトーマスは、高さのエネルギーを利用することで、ヘッドを加速させている。
切り返しでヒザを送ってすぐ左重心に

左利きのスピースは下半身も左足の反応が敏感で、切り返し直後に左足重心になる。アイアンでは理想的な体重移動。
1 2

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

河本らが出場!「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」結果
河本結・原英莉花らが出場! 「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」の結果はこちら
松山はトップ5フィニッシュ! 「ジェネシス招待」結果
松山英樹らが出場する「ジェネシス招待」の結果はこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!