プロも憧れるローリー・マキロイのスイング〜両肩の水平キープで世界一のドローを打つ | 連続写真で比較〜スコープビジョン【SCOPE VISION】

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > レッスン > レッスン関連コラム > 記事

プロも憧れるローリー・マキロイのスイング〜両肩の水平キープで世界一のドローを打つ

一流選手の連続写真から本当にアマチュアが学べるポイントだけを、プロコーチのパイオニア内藤雄士がクローズアップして解説。いまは世界ランク上位選手の多くがフェードヒッターの時代だが、トップ選手でも例外なのがドローヒッターのマキロイ。内藤はマキロイを“世界No.1のドローヒッター”と絶賛する(※ALBA749号掲載)。

2019年02月18日

左肩が上がらないからチーピンにならない

「世界ランク上位選手の多くがフェードヒッターになったのは、実はドローヒッターには共通の弱点ができるからです。

 それは、インサイドからクラブを下ろしてくるので、左肩が伸び上がってしまい、首と左肩の距離が縮まってしまう窮屈なスイングになること。その結果、チーピンのミスが増えます。

 しかし、マキロイはインパクト前後で首を右サイドに残しながら、肩を水平にキープすることで左肩も上がらず、左肩と首の距離も縮まっていません。

 その結果、チーピンを恐れることなく、大きく胸椎(上半身)を回旋できるのです。“ドローボールはこう打つ!”というお手本のようなスイングで、松山英樹をはじめ多くのツアー選手が憧れのスイングとも語っています」
 
【SCOPE!】フィニッシュで左ヒジが直角に曲がる

右肩を高い位置に保つことで胸椎(上半身)がしっかり回転して、フィニッシュでは左肩が前に出て、右ヒジが直角に曲がる理想的な姿勢になる。

【SCOPE!】ツアー屈指の胸の回旋量がパワーの源

昔は、上半身に筋肉をつけると体が回らなくなると言われたが、マキロイは筋肉をつけてもツアー屈指の回旋力をキープして飛距離を伸ばした。
1 2

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!