フェース開閉なし!超コンパクトトップでジョン・ラームはとことん曲げない | 連続写真で比較〜スコープビジョン【SCOPE VISION】

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > レッスン > レッスン関連コラム > 記事

フェース開閉なし!超コンパクトトップでジョン・ラームはとことん曲げない

一流選手の連続写真から本当にアマチュアが学べるポイントだけを、プロコーチのパイオニア内藤雄士がクローズアップして解説。2016年にプロ転向した23歳のラームは、米国&欧州ツアーで計4勝を挙げて、わずか1年半で世界ランク2位に。超コンパクトなトップを内藤は“新世代のスイング”と分析した(※ALBA744号掲載)。

2019年02月15日

ダスティン・ジョンソンと松山英樹を融合したスイング

「初めて米国ツアーでラームを見たときに、コンパクトなスイングで驚きました。手首は、頭の高さまでしか上げていません。しかも、トップではシャットフェースになっていて、アドレスからインパクトまでフェースローテーションがほとんどありません。

このシャット使いは世界ランク1位のダスティンも同じですが、2人はグリップが真逆。この握りは松山英樹に近い。だからラームは、飛ぶ選手と曲がらない選手を融合させた新世代のスイングだと思います」
 
【SCOPE!】手元は頭の高さでストップ!

ツアープロでもトップでは手首が頭の上に出る選手がほとんどだが、ラームは手首が頭とほぼ同じ高さまでしかトップで上げない。コンパクトトップでもヘッドスピードは52m/sとトップクラス。インパクトでは頭が右に残ることでアッパー軌道に。
【SCOPE!】ウィークグリップの効用〜フェースと腕が連動する握り

ダスティンとラームのグリップは真逆。ラームは方向性も重視して、グリップのロゴが目標を向くウィークグリップ。腕の長いダスティンはフックに握ることで、左ワキが締まったアドレスにしている。
1 2

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「TOTOジャパンクラシック」ライブフォト
日本で開催される米国女子ツアー「TOTOジャパンクラシック」の写真を現地からお届け!
「HEIWA・PGM Championship」ライブフォト
「HEIWA・PGM Championship」の様子を沖縄からお届けします!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!