パッティングには基準の距離が必要です | 菊地絵理香 ゴルフはシンプルが一番!

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > レッスン > レッスン関連コラム > 記事

パッティングには基準の距離が必要です

「ALBA712号 2016年11月10発売」より

2017年07月06日

パッティングには基準の距離が必要です

 
基準があると、どんなグリーンにも対応できますよ!
パッティングには苦手意識を持つアマチュアゴルファーは多いですよね。特にミドルパット、ロングパットは大幅にショート、オーバーしてしまうケースも少なくありません・・・。
パッティングの距離感をつかむヒントを絵理香さんが教えてくれました!

1:1の振り幅で距離感を作っていく

歩測ならラウンド中に簡単に測れます!
私の場合、距離感は振り幅で作っています。自分の振り幅がないと、テークバックが大きすぎてフォローがなくなってしまうなど、ストローク中に力を加減して芯でボールをとらえられなくなります。距離感を作るポイントは、テークバックとフォローの振り幅を1:1にすること。

これなら長い距離になれば振り幅を大きくすればいいだけ。基準の距離感を持って、朝の練習グリーンで微調整します。例えば5メートルの距離を自分の距離感で打ってみて、少し届かなければ6メートルの加減で打てばいいわけです。最低でも3・5・7メートルの距離感を、欲を言えば1メートルごとに振り幅で距離を打ち分けることができればパットの悩みは解消されるはずです!

距離を打ち分けるにはボールからカップまでの距離を正確に把握することが大切。歩測をして打つべき距離を確認しましょう。

3メートルのパットは右足前が振り幅の基準

テークバックは右足から出さず、フォローの振り幅は手を左足から出さない
3メートルのパットはテークバックは右足前まで。フォローの振り幅は手が左足から出ないようにします。

距離に限らず、テークバックとフォローの振り幅は1:1が基準。テークバックに比べてフォローが小さいアマチュアが多いので、振り幅を常に気を付けましょう。

5メートルのパットは右足からボール1個分出す

5メートルを打つとき、テークバックは右足からボールひとつ分外側までヘッドを動かすのが絵理香流。

7メートルのパットは右足からクツ1足分出す

距離が長くなるほど振り幅を大きくします。7メートルなら右足からクツ1つ分外側にテークバック。左足からクツ1つ分外側までヘッドを動かしましょう。

パッティングで振り幅以外に気を付けることとは?

ボールを目で追うと体が流れる
ボールの行先が心配で目でボールを追いかけると、頭が動いてしまい、ヘッドの動きが不安定になります。フォローまで顔を上げない習慣をつけましょう。


頭を上げない習慣をつけよう
グリップは左手3本だけしっかり握る
距離の打ち分けは握りも大切なのです。左手の3本でしっかり握り、右手は添えるだけ。ストローク中に力加減を変えるにはNGです。
左手3本だけでしっかり握りましょう!
1 2

ALBA Movies

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
女子ステップLIVEPHOTO実施中!
女子ステップも現地から写真を直送。レギュラーを目指す選手の戦いに注目!
男子ツアーLIVEフォトはコチラ
男子ツアーの熱戦をLIVEフォトでチェックしよう。
ツアーパター情報局
プロの使用モデル最新情報や新製品スクープに売上ランキングまで、パターに関するNEWSは全てここに集約!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
あの感動がよみがえる!名勝負ものがたり
過去に繰り広げられた名勝負を再現。ALBA.Netにしかない秘蔵写真も満載!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!