【第1回】有村智恵のゴルフスイングレッスン アイアンのダフリ防止レッスン | 人気女子プロのゴルフスイングお悩み解決レッスン

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > レッスン > レッスン関連コラム > 記事

【第1回】有村智恵のゴルフスイングレッスン アイアンのダフリ防止レッスン

いよいよ開幕した女子ツアー。春も近くなりゴルフシーズンが本格派する前に、美人プロたちがコースでミスしないための即効対策を伝授してもらった。

2017年03月09日

ダウンスイングで右肩が前に出て結果上体が伸び上がっていませんか?

 
上体が突っ込んでしまうとダウンで手首がほどけやすくなりダフリにつながるという
コースでアイアンショットでダフってしまう1つの要因として右肩が前に出てしまって、手元が体から離れて手打ちになっていることが挙げられます。私の今のスイングの課題とつながりますが、ダウンスイングで上からヘッドを入れようと意識しすぎて、上体が突っ込んでしまうとカット軌道になってしまいます。

 すると、手元が体から離れしまう反動で上体が伸び上がってしまい、その結果、アーリーリリースになってダフってしまいます。これは上体のリキミが強いアマチュアほど多く見かけるスイングだといえます。

アーリーリリースが右肩が前に出る原因

できれば練習場の鏡の前などでスイングの動きを確かめてほしい
 この悪い動きを防ぐためには、アドレスの位置から右肩を前に出さないでスイングするイメージが必要です。アドレスで構えた位置から右肩の位置を保ちつつ、手元を低く下ろす動きです。手元が体の近くを通っていけば、体の回転でスイングできるために、ヘッドはアドレスの位置に戻って正確にミートできるはずです。

 その際に注意してほしいのは右手は絶対に力まないこと。右手の力でクラブを振り下ろそうとしないでください。ついついグリップが強くなってしまいがちですが、あくまで左足で踏み込んだ反動でクラブを振り下ろしてくると、インからクラブを振り下ろして正確にミートすることができます。

ダウンスイングで右ヒジはピタッと右ワキにくっつけるイメージ

左手で右腕を押さえながら素振りしてもスイングの動きが体感できる
 右肩がどうしても前に出てしまうという人は、切り返しからは右ヒジを右ワキにくっつけながら振り下ろすイメージを持ってもスイングしてみましょう。右ヒジの位置が右ワキの近くにあれば、手元が体から離れることなく、スムーズにクラブをインから振り下ろせますね。まずは素振りで右ワキをピタッとつけながら振るスイングを確かめてみてください。
1 2

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「大王製紙エリエールレディスオープン」ライブフォト
今シーズンも残り2戦!「大王製紙エリエールレディスオープン 」の写真を現地からお届け!
「ダンロップフェニックストーナメント」ライブフォト
「ダンロップフェニックストーナメント」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米女子ツアー「CMEグループ・ツアー選手権」速報
畑岡奈紗が出場する「CMEグループ・ツアー選手権」の速報はこちら
米男ツアー「ザ・RSMクラシック」速報
小平智が出場する「ザ・RSMクラシック」の各選手の速報はこちら
今シーズン最終戦! 欧州男子ツアー速報
今シーズン最終戦! 欧州ツアー「DPワールド ツアー選手権 ドバイ」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!