【第19回】香妻琴乃がゴルフレッスン ドライバーはフォローで右手のヒラを背面に向けるが正解 | 人気女子プロのゴルフスイングお悩み解決レッスン

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > レッスン > レッスン関連コラム > 記事

【第19回】香妻琴乃がゴルフレッスン ドライバーはフォローで右手のヒラを背面に向けるが正解

美人プロたちにコースでミスしないための即効対策を伝授。ドライバーで飛距離アップできる打ち方を伝授。担当は香妻琴乃。

カテゴリ:

2017年08月18日

フォローをインサイドに引き込むと左へ引っかける

 
フォローでクラブが寝ると引っかける(左)クラブは立てるのが正解(右)
 こんにちは。香妻琴乃です。今回はドライバーショットで平均飛距離を上げるために私が気をつけていることをお話したいと思います。私がスイングで気をつけていることは、フォローをインサイドに引き込まないということです。クラブをインサイドに引き込んでしまうと、ヘッドとボールの接触する時間が短くなり、球が飛ばなくなってしまいます。もちろんフェースが閉じてしまうので、左へ引っかける確率も高くなり、方向性も悪くなってしまいますが……。

フォローで右手の親指を空へ向けると真っすぐ打てる

フォローで右手のヒラが地面を向くと左へ球が飛ぶ(左)右手のヒラは背面を向くと真っすぐ(右)
 そこで気をつけてほしいポイントがフォローでの右手のヒラの向きです。フォローで右手のヒラを背面方向へ向けると、理想的なフェースターンが行えるとスクエアにとらえて真っすぐ飛ばせます。これがフォローで右手のヒラが地面を向くとフェースが閉じすぎて引っかけてしまうのです。さらに右手のヒラが上を向くと、フェースが開いたまま当たりスライスしてしまいます。フェース向きと右手のヒラはリンクしますので、しっかり右手のヒラをイメージしてスイングすることが大切です。フォローではしっかりシャフトを立てるつもりでスイングしましょう。できれば右手の親指がしっかり空を向くくらいクラブを立てると、しっかり球がつかまりますよ。

スイング中に体重移動をしようと考えない

上体を回転しようとすれば、自然に体重移動できる
 あともうひとつ私がスイングで気をつけているポイントがあります。私はスイング中に体重移動をしようとはあまり思っていません。もちろん体重移動は実際は必要だと思いますが、上体を右に左に回していけば、結果的に体重はトップで右足にフォローで左足へと移っていくと思います。これが右足に体重を乗せようとすると右足の外側に重心がかかって右腰がスエーしてしまいます。フォローで左足に体重を乗せる際もその場で回るくらいの意識のほうが正確にスイングできます。あくまでスイングは両足内側で体重移動が行われるくらいのイメージでスイングしましょう。そうすればミート率も上がり、平均飛距離も上がると思います。
1 2

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!