【第18回】川岸史果がゴルフレッスン アイアンのスイングでは、左ワキを閉めたまま横振りでダフリ防止 | 人気女子プロのゴルフスイングお悩み解決レッスン

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > レッスン > レッスン関連コラム > 記事

【第18回】川岸史果がゴルフレッスン アイアンのスイングでは、左ワキを閉めたまま横振りでダフリ防止

美人プロたちにコースでミスしないための即効対策を伝授。アイアンでダフリを防ぐ打ち方を教えます。担当は新人ながら優勝を争いを見せる驚異の新人、川岸史果。

カテゴリ:

2017年08月08日

両ヒザの向きがやや内側を向き、ヒザが動きすぎてしまいダフリに

 
ギッタンバッタンになるとダフリの原因になる(右)
 こんにちは。川岸史果です。今回はアイアンでダフらずに正確にミートできるコツをお伝えしたいと思います。まず一つめはアドレスです。両ヒザが動きすぎてしまい下半身が不安定になること挙げられると思います。すると、ギッタンバッタンになってしまい、すくい打ちになってダフってしまうパターンがあります。そういう人のアドレスを見ると、両ヒザの向きがやや内側を向いてしまい、ヒザが動きすぎる傾向にあると思います。これを防ぐための方法をお伝えしたいと思います。

両ヒザを気持ちやや外に向けるようにしてガニ股に構える

両ヒザはやや外向きに構えよう
   
 そんな人にオススメしたいアドレスでのひと工夫があります。両ヒザを気持ちやや外に向けるようにしてガニ股で構えてみましょう。見た目にはわからないほどでいいです。両ヒザをやや外に向けることで、スイング中に両ヒザが動きすぎることを抑制できます。トップで左ヒザが右に、インパクトで右ヒザが左へ寄りすぎる動きを防ぐことができます。常にアドレスから両ヒザの間隔をキープしながら、スイングすることができるはずです。そのヒザの開き具合は自分の振りやすい度合いを見つけてやってみてください。

アイアンは左ワキが常に空かないように横振りのイメージ

アイアンは左手リードでスイングしよう
 もう一つアイアンで注意してほしいポイントがあります。それは左腕の使い方です。私もスイング中に注意していますが、左ワキが常に空かないように横振りのイメージで上体の回転でスイングしてほしいのです。左ワキが空いてしまうと、手元が浮き上がってしまい、さらにヘッドが落ちてダフリやすくなってしまいます。そこで左ワキを閉めたまま左手リードでスイングするようにしてください。
1 2

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

石川・小平らが出場 「ザ・ホンダ・クラシック」組み合わせ
石川遼、小平智らが出場する「ザ・ホンダ・クラシック」の組み合わせはこちら
小平が出場「プエルトリコ・オープン」リーダーボード
小平が出場「プエルトリコ・オープン」のリーダーボードはこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!