ゴルフに左手リードや体重移動は必要ない【動画コラム2回目】 | 片山晃の あなたのゴルフスイングではドライバーが250ヤード飛ばない理由とは

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > レッスン > レッスン関連コラム > 記事

ゴルフに左手リードや体重移動は必要ない【動画コラム2回目】

今回は左手リード、体重移動などといった今までのレッスンはゴルフスイングに必要ないというお話をお届けします

2017年03月12日

左手リードの意識がスライスを生んでいる

 こんにちは、右手のゴルフの片山晃です。

 皆さんが今まで教えられてきたスイングは、

 左手リード+体重移動

 だと思います。

 しかし、この左手リードのスイングと、体重移動をするスイングが、ゴルフスイングを複雑に、難しくしているんです。そして、この2つがスライスの元凶になっているんです。

 もしも、スライスや飛距離不足に悩んでいるのであれば、すぐに左手リードと体重移動のスイングをやめてください。

 この2つをやめれば、左の壁ができて力強いボールが打てるようになります。

左手で振る、体重移動をするはツアープロだけに利く理論

ゴルフスイングにおける左サイドリードの問題点とは?

 
左手でスイングしようすると手首が固まりフェースターンできない
 では、なぜ現在これほどまでに、左手リードのスイングが当たり前とされているのか?それは、ツアープロの存在です。

 確かにツアープロは左手リードで打っているプロがいます。

 しかし、ツアープロたちはスイングのために体を鍛えています。

 彼らは左手リードのスイングでもインパクトまでにフェースをスクエアに戻すことも、クラブヘッドを走らせることもできる技術と体力があるんです。

 しかし、一般のアマチュアゴルファーには、体力と技術を得るほどの練習時間がありません。彼らと同じスイングをしようとしても、彼らとは同じスイングにはなりません。

 アマチュアゴルファーが左手リードのスイングをしてしまうと、どうなるのか?インパクト時に、グリップエンドが体の左外側に向いてしまいます。こうなると、クラブヘッドが手元を追い越すことができません。

 また、インパクト時にクラブヘッドは、必ず開いてしまいます。フェースが開いた状態でインパクトを迎えてしまうと、100%スライスしてしまいます。
1 2

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!