曲がらないドライバーショットの打ち方【動画コラム27回目】 | 片山晃の あなたのゴルフスイングではドライバーが250ヤード飛ばない理由とは

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > レッスン > レッスン関連コラム > 記事

曲がらないドライバーショットの打ち方【動画コラム27回目】

「右手のゴルフ」を提唱し、「体重移動」「ボディターン」など従来の理論ではアマチュアは打てないと語る片山晃。今回は曲がらないドライバーショットの打ち方についてお話します。

カテゴリ:

2017年09月02日

どうしてボールが曲がるのかを正しく理解しよう

 こんにちは。
 右手のゴルフの片山晃です。

 今回は、ドライバーを曲げない打ち方をご紹介します。

 多くの方がボールが曲がるメカニズムに関して、誤った認識を持っています。

 正確に言うと、ボールが曲がるメカニズムに関する認識が不足しています。

 まずは、どうしてボールが曲がるのかを正しく理解して下さい。

ヘッド軌道はインサイドアウト軌道が正解だけど……

ドライバーが曲がるメカニズムはヘッド軌道だけではない

 
 皆さん、ボールが曲がるというと直ぐにスライスをイメージすると思います。

 スライス=アウトサイドイン
 
 このヘッド軌道はよく言われていますし、直ぐに皆さんもイメージすると思います。

 実はこれ、半分しか正解ではありません。確かにヘッド軌道がアウトサイドインになれば、スライスが発生する確率は高くなります。

 しかし、どれだけインサイドアウトの軌道でも、スライスしないケースもあります。

 それが、フェースの向きです。

 ヘッドの軌道とフェースの向きが一致していれば、ボールが曲がる事はありません。すなわち、真っ直ぐにボールを飛ばしたいのであれば、ヘッド軌道はインパクトゾーンでストレート。
 
 さらにフェースはスクエアな状態でインパクトする必要があるという事です。

 アマチュアの皆さんは、これを目指している人が多いのですが、実はこれ危険なんです。

 僅かにでもヘッド軌道がズレたり、フェースの向きが違っていれば、右にも左にもボールは飛び出て、右にも左にも曲がります。自分の意図していないボールが出てしまう確率が高いんです。

 そこで、私は皆さんに軽いドローボールをおすすめしています。軽いドローであれば、多少の誤差が生じてもストレートなボールになるか、ドローの度合いが大きくなるだけです。
意図していない方向に曲がる事はありません。

 軽いドローボールであれば、下の写真の様に、フェースは目標方向に向いている。その上で、ヘッド軌道はインサイドアウト。写真で見るとヘッドが下の方に抜けて行く。

 これでOKです。

 では、どうすればフェースをスクエアな状態でインパクトして、インサイドアウトの軌道でスイング出来るか? そのポイントは入射角にあります。
1 2

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「全米プロゴルフ選手権」速報
メジャー第2戦「全米プロゴルフ選手権」の速報はこちら!
「ほけんの窓口レディース」ライブフォト
今週の舞台は福岡! 「ほけんの窓口レディース」のライブフォトをお届け!
ステップアップツアー「静ヒルズレディース森ビルカップ」ライブフォト
「静ヒルズレディース森ビルカップ」が開幕!ライブフォトをチェック!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗華ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!