ゴルフグリップ 右手をテンフィンガーグリップにするとスライスが治る【動画コラム25回目】 | 片山晃の あなたのゴルフスイングではドライバーが250ヤード飛ばない理由とは

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > レッスン > レッスン関連コラム > 記事

ゴルフグリップ 右手をテンフィンガーグリップにするとスライスが治る【動画コラム25回目】

「右手のゴルフ」を提唱し、「体重移動」「ボディターン」など従来の理論ではアマチュアは打てないと語る片山晃。今回はテンフィンガーグリップについてお話します。

2017年08月19日

両手を絡めずに握るいわゆるベースボールグリップ

 こんにちは。
 右手のゴルフの片山晃です。

 今回は、右手のゴルフを実践して頂いても、どうしてもスライスが治らない。
 
 そういう方に是非試して頂きたいグリップがあります。

 それがテンフィンガーグリップ(ベースボールグリップ)です。両手を絡めずに握るいわゆる、野球でバットを持つ握り方ですよね。


右手でフェースローテーションをしやすくスライスしないグリップ

スイングにおける左手と右手の役割の違いを考える

 
両手を離すとスムーズにスイングできない(右)
 スライスが直らない方、ボールが飛ばない方、ボールが上がらない方におすすめのグリップがテンフィンガーグリップです。

 特に、力がないと思っている人ほど有効なグリップです。

 ゴルフスイングにおいて、右手と左手にはそれぞれの役割があります。

 まず、左手は支点となる、グリップエンドを止める役目があります。それに対して、右手はヘッドを走らせる役目になります。

 この右手の役割を最も効果的に行えるグリップが、テンフィンガーグリップなんです。

 インターロッキンググリップやオーバーラッピンググリップと比較しても、両手に一体感が出ないので、左右の手の役割をしっかりと行うことができるグリップなんです。

 また、右手でフェースローテーションを行いやすいグリップです。

 グリップの形なんですが、左手はいつもと変わらないストロンググリップです。そして、右手はどの指も左手にかからないように握ります。

 ここで、注意して頂きたい点があります。それは、右手と左手に間を作らないことです。

 右手と左手に隙間がができてしまうと、スイングの支点がグリップの間になってしまうからです。これでは、クラブの長さを活かしたスイングができません。


1 2

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!