【安藤秀ゴルフレッスン 6回目】 腕が引き下ろしやすいグリップ | 安藤秀のコンバインドプレーン理論〜完全版〜

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > レッスン > レッスン関連コラム > 記事

【安藤秀ゴルフレッスン 6回目】 腕が引き下ろしやすいグリップ

コンバインドプレーン理論を考案し、多くのゴルファーから熱い支持を受ける安藤秀。そんな人気プロが、撮り下ろし動画レッスンをひっさげてアルバネットに登場!

カテゴリ:

2017年12月06日

コンバインドプレーン理論に基づいた正しいグリッププレッシャー

 アルバネットをご覧の皆様、コンバインドプレーン理論考案者・プロゴルファーの安藤秀です。


 私は、最新クラブはこれまでの1枚板のスイングプレーンではなく、2つのタテプレーンとインパクトプレーンを組み合わせたスイングが最も効率よくスイングできる、という『コンバインドプレーン理論』を提唱しています。


 6回目のテーマは「腕が引き下ろしやすいグリップ」です。アマチュアの多くの方が、できるだけ力を抜いてグリップすれば、インパクトの直前でヘッドが走りスピードが上がると考えています。しかし、最近主流となっているアップライト系のスイングでは、リストターンはあまり使わず、力強く腕を引き下ろす動きが大切になります。そのために、力強い引き下ろしをするためのグリップが重要になるのです。

脱力グリップでは強くダウンスイングできない

 多くのレッスンで「グリップは優しく握った方がヘッドは走る」といわれています。しかし、最近のアップライトスイング、特に私の提唱しているコンバインドプレーン理論では、逆にしっかり握った方が飛距離を出せます。


 しっかりとグリップすることで、トップスイングから力強く腕を引き下ろすことができ、その動きに体の回転を合わせていくことで正しいスイング軌道になるのです。インパクト付近における手首のローテーションはほとんど考えないで構いません。強い腕の引き下ろしと体の回転、この組み合わせが大きな飛距離を生むスイングを作ってくれます。

力強い引き下ろしはゆるゆるグリップではできない!

 
力強い引き下ろしが飛距離アップを実現する
1 2

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

米男ツアー「ツアー選手権」組み合わせ
松山英樹がプレーオフ最終戦に出場。ツアー選手権初日の組み合わせはこちら。
「ダイクレレディースカップ」ライブフォト
ステップアップツアー「ダイクレレディースカップ」が今週開幕!現地から写真をたっぷりお届け
米女子ツアー「カナディアン・パシフィック女子オープン」組み合わせ
「カナディアン・パシフィック女子オープン」の組み合わせはこちら
川村昌弘らが出場!「スカンジナビア招待」組み合わせ
川村昌弘、宮里優作、谷原秀人が出場する欧州ツアー「スカンジナビア招待」の組み合わせはこちら。
「ファンケルクラシック」初日組み合わせ
国内シニアツアー「ファンケルクラシック」の組み合わせはALBA.Netでチェック!オジさんたちの熱き戦いを見逃すな!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!