【安藤秀ゴルフレッスン 5回目】 ダウンスイングしやすいアドレス | 安藤秀のコンバインドプレーン理論〜完全版〜

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > レッスン > レッスン関連コラム > 記事

【安藤秀ゴルフレッスン 5回目】 ダウンスイングしやすいアドレス

コンバインドプレーン理論を考案し、多くのゴルファーから熱い支持を受ける安藤秀。そんな人気プロが、撮り下ろし動画レッスンをひっさげてアルバネットに登場!

カテゴリ:

2017年11月13日

コンバインドプレーン理論に基づいたアドレスでの力加減

 アルバネットをご覧の皆様、コンバインドプレーン理論考案者・プロゴルファーの安藤秀です。


 私は、最新クラブはこれまでの1枚板のスイングプレーンではなく、2つのタテプレーンとインパクトプレーンを組み合わせたスイングが最も効率よくスイングできる、という『コンバインドプレーン理論』を提唱しています。


 5回目のテーマは「腕を下ろしやすい形を作る」です。多くのアマチュアが「アドレスでリキむとスイングに余計な力が入りミスにつながる」と考えてしまっています。しかし、アドレスで体の力を抜きすぎると、スイングにばらつきが出やすく再現性が低下してしまいます。そこで、腕を引き下ろしやすいアドレスを作り、スイングの再現性を高める方法をレッスンします。

アドレスで力を抜きすぎると再現性が落ちる

「アドレスではリキまず、適度に脱力したほうがいい」。そう考えているアマチュアゴルファーは多いはずです。確かに、力を入れすぎるとスムーズなスイング始動の妨げになり、ミスを引き起こす原因となってしまいます。

 しかし、アドレスで力を抜きすぎるのも逆効果なのです。「インパクトはアドレスの再現」と言うほど、再現性の高いスイングほどショットの安定、ひいてはスコアの安定につながります。アドレスで力を抜きすぎると、スイング中の腕の動きに不確定な要素が増え再現性が下がってしまうのです。

 アドレスでは上半身全てを脱力するのではなく、左腕に力を入れていくのが正解なのです。トップから腕を振り下ろす動きが安定して、スイングの再現性が高くなるのです。

脱力アドレスはミスの原因!?

 
脱力したアドレスではスイングの再現性を高めることはできない
1 2

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

舞台は北アイルランド!「全英オープン」特設ページ
2019年最後のメジャー「全英オープン」特設ページはこちらから。
全英オープン撮れたて写真館
今シーズン最後のメジャー戦「全英オープン」が今週開幕!練習日からたっぷりお届け!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!