【安藤秀ゴルフレッスン 4回目】 正しい頭の位置を理解する | 安藤秀のコンバインドプレーン理論〜完全版〜

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > レッスン > レッスン関連コラム > 記事

【安藤秀ゴルフレッスン 4回目】 正しい頭の位置を理解する

コンバインドプレーン理論を考案し、多くのゴルファーから熱い支持を受ける安藤秀。そんな人気プロが、撮り下ろし動画レッスンをひっさげてアルバネットに登場!

カテゴリ:

2017年10月26日

コンバインドプレーン理論に基づいた正しい頭の動かし方

 アルバネットをご覧の皆様、コンバインドプレーン理論考案者・プロゴルファーの安藤秀です。


 私は、最新クラブはこれまでの1枚板のスイングプレーンではなく、2つのタテプレーンとインパクトプレーンを組み合わせたスイングが最も効率よくスイングできる、という『コンバインドプレーン理論』を提唱しています。


 4回目のテーマは「正しい頭の向きを理解する」です。これまでレッスンしてきた「正しいスイング軌道を身につけるコンバインドプレーンドリル」をベースに、スイング中の頭の動きを解説、体がしっかり捻転するスイング習得の方法をレッスンしていきます。是非実践してみてください。

頭が固定されていると手打ちのカット軌道になる

「スイング中、頭はできるだけ動かさない」。昔からスイングの基本として語り継がれてきた定番の内容です。しかし、最近は逆に「頭はある程度動かすべき」という理論が基本になりつつあります。そこで、一体どっちが正しいのか、動かすのであればどの程度が一番いいのか? などをこれまでレッスンしてきたスイング軌道習得ドリルをベースにレッスンしていきます。


 まず、前提としてスイング中に頭はある程度動かすべき、というのが私の考えです。頭を固定したままスイングしてしまうと、どうしてもテークバックにおける体の捻転が不足してしまい、手打ちに近い形になってしまいます。



 結果として手打ちのカット軌道になってしまい、スライスなどのミスを引き起こす原因になります。テークバック時の体の捻転を妨げない程度、頭は右方向に動かしていくべきなのです。

頭を動かさないスイング

 
頭を動かさないと体の捻転が十分にできなくなり、結果として手打ちに近いカット軌道のスイングになる
1 2

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」ライブフォト
「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」のライブフォトをお届け! “シブコ・フィーバー”が止まらない!
米男ツアー「BMW選手権」結果
松山が最終日も「63」の好スコアで3位フィニッシュ!「BMW選手権」の結果はこちら
川村昌弘が出場!「D+Dレアルチェコマスターズ」結果
川村が出場する欧州ツアー「D+Dレアルチェコマスターズ」の結果はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!