【ダスティン・ジョンソンのドライバースイング】シャットフェースでハンドファーストのまま腕は返さない 最強の飛ばし術 | 【PGAツアープロのゴルフスイングを連続写真でタニタクが解説】松山英樹、ローリー・マキロイ、ダスティン・ジョンソン

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > レッスン > レッスン関連コラム > 記事

【ダスティン・ジョンソンのドライバースイング】シャットフェースでハンドファーストのまま腕は返さない 最強の飛ばし術

全米プロゴルフ選手権が開幕。理論派プロの谷口拓也が世界のトッププロのスイングを分析します。

カテゴリ:

2017年08月21日

ダウンスイングで早めにフェースを球に向ける

 
   

真っ直ぐフォローを出して最新ヘッドの特性を生かして飛ばす

 彼のスイングの特徴を挙げるとすると、シャットフェースですね。これはPGAツアーで飛ばしているトッププロに共通する点ですが、ダウンスイングで早めにフェースをボールに向けるように右腰に来た時点でクラブを振り下ろしてきます。この時右ヒジは曲がったまま体の近くにある状態です。スイングレッスンでよく言われるようなダウンスイングのタメができている動きに見えますが、下半身でリードしながら上体を回してこのポジションにクラブを下ろしているだけです。日本のツアープロのようにタメを作ろうなどとは考えた結果の動きではありません。

ダウンで早めにフェースをたまに向けて、シャットフェースの状態を作ったら、左手甲を目標に向けながら真っ直ぐヘッドを押し出していきます。こうすることで、重心深度が深く重心距離も長い大型ヘッドの高い慣性モーメントを生かして、ボールを長く押し出して大きなパワーを作り出しています。どちらかといえばフォローで上にヘッドを出していくような動きですね。こうすることで、圧倒的な飛距離が可能となるのです。この左腕を返さずに左腰を切っていき、手元が通る懐を作りながら、あとは上体の回転スピードだけで球をつかまえる点が日本ツアーのプロと違う点といえます。このほうがスクエアなフェースを長く続けられるので、飛距離アップにつながりますし、方向性も圧倒的によくなるのです。
1 2

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

SMBCシンガポールOPのニュースはこちら
国内男子ツアー2020年開幕戦! 「SMBCシンガポールOP」のニュースをチェック!
米女子ツアーの2020年初戦がスタート!
畑岡奈紗が出場する「ダイヤモンド・リゾーツ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」の速報はこちら
米男ツアー「ザ・アメリカンエクスプレス」速報
R・ファウラーらが出場する「ザ・アメリカンエクスプレス」の速報はこちら
欧州男子ツアー「アブダビHSBC選手権」速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「アブダビHSBC選手権」のリーダーボードはこちら
2020年の初打ち前にルールをチェック!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!