【松山英樹のパッティング】グリップは下手から握って真っすぐヘッドを出す | 【PGAツアープロのゴルフスイングを連続写真でタニタクが解説】松山英樹、ローリー・マキロイ、ダスティン・ジョンソン

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > レッスン > レッスン関連コラム > 記事

【松山英樹のパッティング】グリップは下手から握って真っすぐヘッドを出す

全米プロゴルフ選手権が開幕。理論派プロの谷口拓也が世界のトッププロのスイングを分析します。

2017年08月10日

重視するのはは真っすぐヘッドを出してスクエアに打ち出せるか

 
   

下手でグリップして背中の筋肉で真っすぐ打ち出す

 彼のパッティングはアドレスで微妙なフォーム変更をよく行っています。スタンス幅を狭くして前傾を浅くしたり、スタンス幅を広くして前傾を深くしたりといろいろやっていますが、彼が重視するのは真っすぐヘッドを出してスクエアに打ち出せるかどうかだと思います。スクエアに当てて、真っすぐ打ち出す基本の動きを習得しているのです。デーブ・ペルツ考案の打ち出し方向に狭い2本の棒が立った練習器具を使っていつも練習しています。右手で打ったり左手で打ったりして、左右のグリップの力感を統一できるようにしています。これらもすべてスクエアに当てて、真っすぐヘッドを出すことに集中しているのです。

 ただ、フォームの細部を分析すると、いろいろ見えてきます。彼はレッスン書でよくあるような「両手を左右からグリップで挟むように握る」というスタイルでなく、両ヒジは体に付けて、極力両手を下から差し出して手のひらで支えるようにグリップしています。そのほうがストロークを手先でなく、体の大きな筋肉で打つことができるので、安定したストロークができるようになるのです。
1 2

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「伊藤園レディス」ライブフォト
今シーズンも終盤戦!「伊藤園レディス」の写真を現地からお届け!
「エリートグリップシニアOP」
リアルタイム速報
「エリートグリップシニアOP」が開幕! オジサンたちのアツい戦いを見逃すな!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
「三井住友VISA太平洋マスターズ」ライブフォト
「三井住友VISA太平洋マスターズ」の様子を現場からお届けします!
米男ツアー「マヤコバ ゴルフクラシック 」速報
小平智が出場する「マヤコバ ゴルフクラシック」の速報はこちら
川村昌弘が出場! 欧州男子ツアー速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「ネッドバンクゴルフチャレンジ hosted by ゲーリー・プレーヤー 」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!