【記者の目】全英オープンで見られる奇妙なパター | ALBA.Netのゴルフギアニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連ニュース > 記事

【記者の目】全英オープンで見られる奇妙なパター

17.07.19 23:36

JBホームズは愛用するのが「トルクバランス」パターのE1かE3タイプ

 

JBホームズは愛用するのが「トルクバランス」パターのE1かE3タイプ(撮影:GettyImages)

 いよいよ全英オープンが21日(木)に開幕。ここでは一部の選手が全英オープンで使いそうな一風変わったパターについて紹介したい。そのパターはイーデルゴルフの「トルクバランス」パターだ。このモデルの使用者はJB・ホームズであり、この飛ばし屋が気に入って使用しているモデルは変わった性能を秘めている。

イーデルゴルフ開発のワンレングスアイアンは誰向きか?

 その名の通り「トルクバランス」とディビッド・イーデルが名付けたヘッドの重心バランスが最大の特徴だ。「シャフト軸線に近いヒール部にヘッドの重量を集中させることでヘッドの重心角は何と180度近くになります。机にパターを置くとトゥが上を向くトゥアップ状態になります(普通はブレード型などはトゥが下に向く)。この重心バランスのおかげで、シャフトのトルクなどに左右されてフェースが開閉することなく、テークバックからフィニッシュまでフェース面をスクエアに保ちやすくなっています。ほぼシャフトを振るのと変わらない感覚でストロークできます」(スイングコーチ&クラフトマン筒康博)。

 さらに驚きなのが、通常グリップエンドに近いところにウェイトを挿入してカウンターバランス効果を図るところだが、グリップ先端部にウェイトを入れることで手元の安定感をはるかに高めている点だろう。インナーウェイトを開発することで、ストロークの再現性を格段に高めている。このモデルはソールのヒール側に配置したウェイトを調整して振り感を調節できるのも強みだろう。
 
 構えた時のフェース面の好みで3種類のヘッド形状から選べば、最適なストロークが可能となる。カラーバリエーションもあり、細かいカスタマイズもフィッティングを行いオーダーすることで可能となる。他にもレンガの意味のついたブラックカラーの『BRICK』ヘッドを選ぶこともできる。

 パッティングで一番難しい真っすぐフェースを保つことを容易に叶えてしまうパターが、全英オープンのグリーンでどのように威力を発揮するのか注目してみるといい。

このニュースに関連するコンテンツを見る

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!