ツアーで見つけた旬ギアネタ!【ピン新作「G400」が女子ツアーで初登場】 | ALBA.Netのゴルフギアニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連ニュース > 記事

ツアーで見つけた旬ギアネタ!【ピン新作「G400」が女子ツアーで初登場】

17.06.22 18:57

ソール後方にウェイトを装着した新モデル(前田使用モデル)

 

ソール後方にウェイトを装着した新モデル(前田使用モデル)(撮影:ALBA)

 『G』ドライバーに代わる2018年モデルの新作ドライバーとして注目のPING『G400』が、「アース・モンダミンカップ」でついにお目見えとなった。

⇒C・キムのPING新兵器は『G400LST』? スピン量が減って有利!?
⇒これがPINGの新作!?『G400』をC・キムがテスト!
⇒練習しないクセにOBしたくない。そうだ、PINGがあるじゃないか!

 初日に使用していたのは、一ノ瀬優希前田陽子などのPING契約プロ。今大会から使用していた一ノ瀬は「前のアスリートモデル『i』シリーズに似たモデルで、やや小ぶりでも安心感があって非常に構えやすいです。何より私は打感が柔らかいことが気に入ったので使用しました。ミスヒットにも強いので、曲がり幅が減っていたのと思います」とゾッコンの様子だった。

 試合でいきなり投入した前田陽子も打感の柔らかさを賞賛。「『G』シリーズは非常にやさしいアベレージ向けだったので、球がつかまりやすかったですが、私はチーピンが出ることもあったので、こちらのほうが私は安心して振れます。構えた感じが『i』シリーズに近くてよくて、さらに柔らかい打音も好きですね」(前田)

 『G400』は既報のとおり、『G400』『G400 LST』『G400 SFT』の3モデルが用意されている模様。ソール後方にウェートが装着されており、現行の『G』シリーズ同様に重心深度が深くミスヒットに強く非常に直進性が高いドライバーと推察できる。彼女たちが初日で使用したのは『G400 LST』で、おそらく重心深度は一番浅い設計、よりつかまりすぎを抑えて低スピン弾道を打てるタイプだろう。

 今週ツアー会場で渡されて、女子プロたちがいきなり使用するほどの完成度の高さを誇る『G400』シリーズ。アマチュアにも圧倒的な飛距離や柔らかな打感という恩恵をもたらしてくれそうだ。

このニュースに関連するコンテンツを見る

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!