マスターズ首位に並んだリッキー・ファウラーの短尺ドライバーはあり? | ALBA.Netのゴルフギアニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連ニュース > 記事

マスターズ首位に並んだリッキー・ファウラーの短尺ドライバーはあり?

17.04.08 16:11

強烈なパワーでスプーン並みの短いドライバーを使いこなすファウラー

 

強烈なパワーでスプーン並みの短いドライバーを使いこなすファウラー(撮影:GettyImages)

 混戦を極めるマスターズで、トータル4アンダーでトップに並んだリッキー・ファウラー。彼の使用するドライバーは「コブラ キングF7+」(ロフト8.5度、シャフトアルディラNV2Kブルー・70X)だが、その長さは43.5インチとスプーン並みの短さで仕上がっている。最近のUSツアーではジミー・ウォーカーが42インチの短尺ドライバーを使用するなどひとつのトレンドとなっている。

 このスペックについてクラブデザイナー宮城裕治氏に聞いてみると、「ドライバーのクラブ長さを短くするのはヘッドスピードが速く飛距離が出る人が方向性が不安定でミート率を上げるためにすること。ヘッドスピードが速くないと、短尺化してしまうと極端に飛距離が落ちてしまいます。45インチから極端に短く切るとシャフトは硬くなり、バランスも軽くなってしまいます。ヘッドを重くしてバランスを以前と同じにして振り感を同じにしないと意味がないですよ」とのこと。

 ドライバーショットで上手くミートできず球がどうしても左右に曲がってしまうという人が短尺ドライバーに仕上げるならば、できればシャフト硬度はSからRなどより軟らかいモデルを使用することをオススメしたい。さらに、短くするとよりアップライトな軌道になり球が上がりにくくなるので、ロフトはより多いものにして10.5度以上のヘッドを使う方がいいという。「ドライバーが苦手で方向性を上げたいならば、0.25〜0.5インチ程度短くするのが一番有効」(宮城氏)だという。

このニュースに関連するコンテンツを見る

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!