男女ツアーでテスト!オデッセイ“DYPEモデル”って何? | ALBA.Netのゴルフギアニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連ニュース > 記事

男女ツアーでテスト!オデッセイ“DYPEモデル”って何?

16.09.15 14:37

石川、上田がテストした台形マレット

 

石川、上田がテストした台形マレット(撮影:福田文平)

 『ANAオープン』『マンシングウェアレディース東海クラシック』の練習日からツアーテストが始まったオデッセイの新パター。ドルのD、円のY、ポンドのP、ユーロのEからとられ、各国通貨のマークがソールに刻印されていることから通称“DYPEモデル”と呼ばれているが、両ツアーで早速契約プロが試打を開始。

 石川遼上田桃子がおもにテストしたのは、ブレードタイプのなかの“♯2”のマレットタイプである“2M”。オデッセイパターのヘッドラインナップにいままでなかった台形形状の“カクカク”したマレットで、丸みを帯びると構えにくいというプロのために用意されたモデルだという。

 オデッセイツアーレップによると、ブレードタイプにマレットのやさしさをプラスしたというが、プロそれぞれの感触は…

「ヘッドの動きが安定しますね。大きな塊が“ドスン”と当たる感じ。ラインに対してストレートに打ちやすいパターだと思います(石川)」

「座りが良くて構えやすいし、打感が柔らかい。低いストロークで打てるので、とても打ちやすいです。(アライメントの)2本の線がより細くなっているのが良いですね。集中できる感覚を持てます(上田)」

 石川は現時点でのエースのL字パター『オデッセイ PT09 ix パター プロトタイプ』が感性を引き出すモデルだけに「これは(感覚を重視する)L字とは対照的なパター。L字で“クセ”がつきすぎてしまった時に、ストロークのバランスをとるためにボク用のスペックを作ってもらいました」と練習用パターとして帯同させることを示唆。上田は「これ、キープしておいてください!」と実戦投入を検討している様子だった。

 女子ツアーでは佐伯三貴藤田光里らもこぞってテスト。現在平均パット数7位の佐伯が試したのは、現在使用している7番(ツノ型マレット)の新作。「しっかりコロがるし、ストロークしやすいですね」とコメント。導入はまだまだといった様子だったが、「私モデル(グリップなど)を作っておいてください」と担当者に話していた。藤田は2番のブレードタイプを試し「打感が柔らかい。グリップがとても良いですね。握りやすく作られています。今のモデルに差したい」と細かい部分も評価した。

 同モデルは9月24日から数量限定発売。価格は5万5,000円となっている。

【こちらもチェック!!】オデッセイの“トゥアップパター”の特徴とは?

このニュースに関連するコンテンツを見る

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!