PINGから“打感を極めた”新アイアン&パターが登場! | ALBA.Netのゴルフギアニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連ニュース > 記事

PINGから“打感を極めた”新アイアン&パターが登場!

16.08.02 18:25

新クラブを手にする塚田(左)と永野

 

新クラブを手にする塚田(左)と永野(撮影:山代厚男)

 ピンゴルフジャパンは2日(火)に都内で新製品発表会を行った。今回発表されたのはアスリート向けアイアンの『i BLADE(アイブレード)』と削りだしの高級パター『VAULT(ヴォルト)』シリーズ5機種。

ピンのクラブ、ユーザーの評価は?

 『i BLADE』は世界中で約50勝を挙げた『S55』アイアンの後継モデル。シンプルなデザインで薄いトップブレードとストレートなネック形状といかにも上級者が好む顔をしているが、「その中に寛容性が隠されている」(安齋伸広プロダクトマネージャー)のが特徴だという。

 『S55』よりもトゥ部分のタングステンの比重を高め、慣性モーメントを向上。ミスヒットでも飛距離のロスは最小限に、また前作のよりも球を上げやすい設計になっている。そして、前作の1.6倍の大型エラストマーCTPが余分な振動を抑え、心地よい打感を実現。契約プロたちを唸らせる完成度の高いものに仕上がったという。

 発表会に出席した契約プロの永野竜太郎は「見た目がシャープで構えやすい。打感もとにかく柔らかいし、アゲンストの中でも思った距離が出せる」と絶賛。塚田好宣も「打感が素晴らしいし、打ってみると球が上がりやすい」。両プロとも高さは約+4ヤード、距離は約+5ヤード伸びていた。

 パターの『VAULT』は“貯蔵庫”という意味。ピンのアリゾナ本社にはツアー優勝者たちのウィニングパターを黄金で製作し、収蔵する貯蔵庫“VAULT”があり、ここから名前がとられたという。303ステンレス/6061アルミニウムに削りだしヘッドで、工芸品のような気品と美しさが特徴。ヒールトゥバランスのアンサー2、ヴォス、アーナと、フェースバランスのオスロ、ベルゲンの計5機種があり、それぞれ仕上げは銀のプラチナムと黒のスレート仕上げの2タイプから選べるようになっている。

 オスロはメジャー「KPMG女子PGA選手権」と「キャンビア・ポートランド・クラシック」を制したカナダの新鋭、ブルック・ヘンダーソンが使用。すでにツアーで結果を出している。このパターもプロが賞賛したのは打感。塚田もオスロをツアーで使用予定で、「打感が柔らかく、コロがりもいい」とバッグに入れた理由を話していた。

 これらのクラブの詳細はピンの公式ホームページを参照。お問い合わせは03-5916-1812まで。

このニュースに関連するコンテンツを見る

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

石川・小平らが出場 「ザ・ホンダ・クラシック」速報
石川遼、小平智らが出場する「ザ・ホンダ・クラシック」の速報はこちら
川村が出場! 「オマーンオープン」速報
川村昌弘らが出場する欧州ツアー「オマーンオープン」の速報はこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!