成田美寿々、木戸愛はレアな“クラブ契約フリー” | ALBA.Netのゴルフギアニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連ニュース > 記事

成田美寿々、木戸愛はレアな“クラブ契約フリー”

15.04.03 18:51

クラブ契約フリーの成田は異色の存在だが、それだけお気に入りのクラブがあるということ

 

クラブ契約フリーの成田は異色の存在だが、それだけお気に入りのクラブがあるということ(撮影:福田文平)

 プロゴルファーがクラブメーカーと用具使用契約を結び、その日の調子やコースセッティングによってセッティングを微調整するのはプレーのパフォーマンスを維持するために欠かせないことだ。

 用具契約は、ウッド契約、ドライバーのみ契約など多様だが、一部の選手には“完全クラブ契約フリー”の立場で14本を構成する選手がいる。今季開幕から上位争いにたびたび顔を出している木戸愛が今季から“クラブフリー”となっているが、女子ツアーでの代表格といえば昨シーズン3勝を挙げ、中核選手となった成田美寿々だ。

 成田のセッティングを見てみると、ウッドはヤマハキャロウェイ、ピンの混成で、アイアンはダンロップと複数メーカーの異なるクラブが並んでおり、パターに至っては“ヤマダパター”を使用している。

成田美寿々のエースドライバー『ヤマハ RMX TOURMODEL ドライバー (14年) 』の評価は?

 14本のなかでの注目は『ヤマハ RMX TOURMODEL ドライバー (14年) 』。2013年秋からテストを始め、2014年シーズンから投入。オフに“飛距離20ヤードアップ計画”を掲げ、スイングを改造したが“エース”は変更することはなかった。飛距離に加え、狙ったところに打てる方向安定性への信頼が大きいのだろう。

 クラブフリーの1番のメリットは、当然使用できるクラブの範囲が広がること。用具契約をしていれば、他メーカーのクラブ(※特にウッド)を使用することはできないが、フリーの立場なら“武器になる”と思ったクラブをすぐに試すことができる。ギアへのこだわりの強さが、昨シーズンの飛躍、メジャー制覇を後押ししたといっていいだろう。

このニュースに関連するコンテンツを見る

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!