松山英樹のこだわりを再現した588 RTXウェッジが3月発売 | ALBA.Netのゴルフギアニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連ニュース > 記事

松山英樹のこだわりを再現した588 RTXウェッジが3月発売

15.02.25 12:24

120ヤード前後のウェッジの精度が光る松山英樹

 

120ヤード前後のウェッジの精度が光る松山英樹(撮影:岩本芳弘)

 米国男子ツアー9試合中5試合でトップ10入り(※国内を含めると10試合。スポット参戦した11月のダンロップフェニックスで優勝)を果たしている松山英樹。昨年10月に開幕した2014-2015シーズンは3番アイアンを抜いてウェッジ4本体制のセッティング(PWのほか、クリーブランドゴルフ 588 RTX 2.0 Forged 50度・56度・58度)で望んでおり、実際に優勝争いを展開した1月の『ヒュンダイ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ』では100〜120ヤード前後のショットのキレが印象的だった。

松山英樹 2015年は5試合中3試合でトップ5入り!

 そんな松山のリクエストを最大限に具現化したウェッジ『588 RTX 2.0 プレシジョン フォージド ウェッジ』が3月に発売される。

 松山のこだわったポイントは3つだ。1つはヒール部の高さを抑え、開きやすさを追求したこと。2つ目はトゥ下部を逃がし、カットショットのイメージを出しやすくしたこと。そして3つ目はトップラインをストレートにし全体的にシャープ感を出したこと。これにより、上級者をイメージ通りに打ち合わけることができる操作性を備えたウェッジが完成したという。

 またフェーステクノロジーにはスピン性能を高めるこだわりが詰まっている。「ツアージップグルーブ」は、溝の幅を広げて容積を増やすことで異物排除効果を高めるとともに、従来モデルよりもエッジを効かせることでスピン性能が向上。またカーブ状の「フェースパターン」でライン加工を施すことでフェース表面の粗さレベルを上げ、スコアラインと並行に入った「レーザーミーリング」はルール上限に近い深さを実現し、さらに安定したスピン性能を追及しているという。

 国内外の市場でゴルファーから高い評価を受けているクリーブランドのウェッジだが、同モデルは松山英樹の感性の一端に触れることができるモデルと言えるだろう。

このニュースに関連するコンテンツを見る

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「TOTOジャパンクラシック」ライブフォト
日本で開催される米国女子ツアー「TOTOジャパンクラシック」の写真を現地からお届け!
「HEIWA・PGM Championship」ライブフォト
「HEIWA・PGM Championship」の様子を沖縄からお届けします!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!