2022年初戦でキャロウェイ『ROGUE ST ◆◆◆』ドライバー使用者が続々 | ALBA.Netのゴルフギアニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連ニュース > 記事

2022年初戦でキャロウェイ『ROGUE ST ◆◆◆』ドライバー使用者が続々

22.01.06 09:07

キャロウェイ契約プロのほとんどが『ROGUE ST』シリーズへ移行!

 

キャロウェイ契約プロのほとんどが『ROGUE ST』シリーズへ移行!(撮影:GettyImages)

セントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズ 事前情報◇5日◇カパルア・リゾート プランテーションC(米ハワイ州)◇7596ヤード・パー73>

米国男子ツアーの2022年初戦は、米国ハワイ州のカパルア・リゾートで現地時間の6日(木)に開幕を迎える。毎年この試合からクラブ契約の変更や、最新クラブへのスイッチが見られるが、今年の練習日の時点ではどうなのか。

▶▶▶キャロウェイの2022年モデル『ローグST』シリーズ、3月下旬デビュー
▶▶▶全米女子覇者・笹生優花がキャロウェイと契約!「キャリアの次のフェーズがスタートした」

キャロウェイは今年からエイブラハム・アンサー、笹生優花と契約を結んだことを発表しているが、アンサーも最新と見られるドライバーをバッグイン。その他、フィル・ミケルソンジョン・ラームザンダー・シャウフェレマーク・リーシュマンキム・シウーケビン・キスナーテイラー・グーチエリック・ヴァン・ローエンらも同様だ。

昨日同社から発表された市販モデルは『ROGUE ST MAX』『同 MAX D』『同 MAX FAST』『同 MAX LS』の4機種だったが、USGAのコンフォーミングリストには例年通り『◆◆◆』の付くプロ用ヘッド複数の登録がある。それが『ROGUE ST◆◆◆』『同 ◆◆◆S』『同 ◆◆◆LS』で、それぞれ左用も登録されていた。

画像を確認すると『ROGUE ST ◆◆◆LS』を使用するのが、ミケルソン、ラーム、リーシュマン、キスナー、グーチ、ヴァン・ローエン。『ROGUE ST ◆◆◆S』を使用するのがシャウフェレ、シウーで、サム・バーンズケビン・ナは新作への移行が確認できなかった。

ALBA Movies2

このニュースに関連するコンテンツを見る

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
女子ステップLIVEPHOTO実施中!
女子ステップも現地から写真を直送。レギュラーを目指す選手の戦いに注目!
ツアーパター情報局
プロの使用モデル最新情報や新製品スクープに売上ランキングまで、パターに関するNEWSは全てここに集約!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
あの感動がよみがえる!名勝負ものがたり
過去に繰り広げられた名勝負を再現。ALBA.Netにしかない秘蔵写真も満載!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!