ヤマハ『RMX VD』アイアン投入の片山晋呉。決勝から変更のワケとは? | ALBA.Netのゴルフギアニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連ニュース > 記事

ヤマハ『RMX VD』アイアン投入の片山晋呉。決勝から変更のワケとは?

21.12.03 11:26

片山晋呉、『RMX VD』の部分投入の理由は「高い球が打てるから」

 

片山晋呉、『RMX VD』の部分投入の理由は「高い球が打てるから」(撮影:上山敬太)

ゴルフ日本シリーズJTカップ 初日◇2日◇東京よみうりカントリークラブ(東京都)◇7023ヤード・パー70>

国内男子ツアーの最終戦「日本シリーズJTカップ」初日、片山晋呉が1アンダーの9位発進。先週の決勝ラウンド(3日目)からヤマハ『RMX VD』アイアンへ変更をしたが、7・8・9番アイアンが『RMX VD』で、PW・AWはこれまで使用のスリクソン『ZX5』と、部分投入となっていた。

▶▶▶契約フリーに“ヤマハ・バブル”発生!? 『RMX VD』ドライバー、アイアン使用者現る

理由は「今週(日本シリーズJTカップ)の砲台グリーンのために、高い球が打てるから」。異例の3日目からの投入となった理由は「初日から入れるのはキャディに止められて、予選を通ってからとなった」とのこと。試合中のクラブ変更も厭わず、トライアンドエラーをしながら成績につなげる柔軟性は、さすがの一言。

『RMX VD』アイアンには、どんな特徴があるのか? ヤマハに聞いた。

「小さなヘッドに寛容性を詰め込んだ、クロモリ鋼のオールラウンドモデルです。ヘッドサイズは軟鉄鍛造の『RMX VDツアーモデル』とほぼ同じで、操作性に優れ【小さいヘッド=難しい】というイメージを払拭する、慣性モーメントも保持しています。操作性と寛容性を両立させ、打感を含む最高のバランスを目指しました」(同社広報)

同社には前作もクロモリ鋼の『RMX 120』があったが、これよりはるかに小ぶりでシャープな形状にしつつも、ポケットキャビティで上がりやすさ、ミスへの強さをキープしていた。ヤマハ契約の藤田寛之、谷口徹、今平周吾が軟鉄鍛造の『ツアーモデル』を選ぶ中、契約フリーの片山晋呉はクロモリ鋼の『RMX VD』で実を取る戦略。アマチュアにより参考となるのは後者と言えるだろうか。

ALBA Movies2

このニュースに関連するコンテンツを見る

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
川村昌弘、比嘉一貴が出場! 欧州ツアーのリーダーボード
欧州ツアーのリーダーボードはこちらから。
ツアーパター情報局
プロの使用モデル最新情報や新製品スクープに売上ランキングまで、パターに関するNEWSは全てここに集約!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
あの感動がよみがえる!名勝負ものがたり
過去に繰り広げられた名勝負を再現。ALBA.Netにしかない秘蔵写真も満載!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!