セキ・ユウティン、『G425』にウッドを全とっかえで新人戦勝利! | ALBA.Netのゴルフギアニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連ニュース > 記事

セキ・ユウティン、『G425』にウッドを全とっかえで新人戦勝利!

20.12.12 12:35

最新モデル『G425』シリーズにウッドを全とっかえで7バーディ!

 

最新モデル『G425』シリーズにウッドを全とっかえで7バーディ!(撮影:GettyImages)

ピンゴルフジャパンから契約プロの使用ギアに関する情報が届いた。

「12月10日、11日に開催された国内女子ゴルフ新人戦【2020 JLPGA 新人戦 加賀電子カップ】にて、PING 契約のセキ・ユウティン選手が優勝しました。首位と2打差の3位で迎えた最終日、11月から投入したG425ドライバ―、フェアウェイウッド、ハイブリッドを武器に、15 番ホールから上がり4連続バーディを奪ったセキ・ユウティン選手。7バーディ、ノーボギーの「65」の通算8アンダー、2位と2差の逆転優勝を飾りました。 今大会は、正確なショットでバーディチャンスをつくり、確実にパッティングを決め2日間で10バーディを獲得。今後の活躍に注目です!」(同社広報)

セキ・ユウティンの優勝ギア】
1W:G425 LSTドライバー(9°)
3W:G425 MAXフェアウェイ(14.5°)
3,4H:G425ハイブリッド(19,22°)
5I〜PW:i210アイアン
A,SW:GLIDE Forgedウェッジ(50,54,58°)
PT;SIGMA2 Anserパター

⇒以前のセッティングがコレ。元々セキは球が高い!

11月のツアーから『G425』フェアウェイウッドと『G425』ハイブリッドを投入したセキ。投入の決め手は、「球が上がりやすく、キャリーが前よりも伸びてランをコントロールしやすく、グリーンを狙いやすくなった」と絶賛。

また、元々球が高いため、低スピンで強弾道の『G425 LST』ドライバー(ロフト9度)を1度立てて使用するが、 「G425 のフェアウェイウッドをテストして“飛び”が良くなったのでドライバーも即テストしました。打感がとにかく良く、飛距離も伸びました。安心して振れる」と話している。

このニュースに関連するコンテンツを見る

おすすめコンテンツ

松山英樹、小平智が出場 米男子ツアーのリーダーボード
松山英樹、小平智が出場する米国男子ツアー「ファーマーズ・インシュランス・オープン」が現地時間28日(木)に開幕する。リーダーボードはこちら。
米国女子ツアー 2021年の開催スケジュール
米国女子ツアーの2021年トーナメント開催日程はこちら。
国内女子ツアー 2021年開催スケジュール
国内女子ツアーの2021年トーナメント開催日程はこちら。
金谷拓実が出場! 欧州ツアーのリーダーボード
金谷拓実、川村昌弘が出場する欧州ツアー「オメガ・ドバイデザートクラシック」が現地時間28日(木)に開幕。リーダーボードはこちら。
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!