未発表のピン『G425 LST』『G425 MAX』を看板プロが投入! 鈴木愛「10ヤードほど伸びた」 | ALBA.Netのゴルフギアニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連ニュース > 記事

未発表のピン『G425 LST』『G425 MAX』を看板プロが投入! 鈴木愛「10ヤードほど伸びた」

20.08.26 22:22

鈴木愛が『G425 LST』を投入! バック部のタングステンが目立ちますね…

 

鈴木愛が『G425 LST』を投入! バック部のタングステンが目立ちますね…(撮影:GettyImages)

<ニトリレディス 事前情報◇26日◇小樽カントリー倶楽部(北海道)◇6695ヤード・パー72>

今週開幕する「ニトリレディス」の練習日。PING契約プロの鈴木愛、比嘉真美子が新作ドライバーと思しきクラブを投入。鈴木は難コースということもありクラブを変える予定はなかったが、「10ヤードほど飛距離が上がり、アゲンストの時に球の負け方が全然違う」などの理由から本大会ではPINGの未発表の新作『G425 LST』ドライバーを使い、3Wも同モデルに変えるのだとか。

鈴木の口ぶりから類推するに、『G425 LST』は大幅なスピン量減が期待できそうだ。未発表だが、既にR&Aの適合リストには24日の時点で登録されており、試合での使用準備が整っていた。また、鈴木はこれまでピンの純正シャフト『ALTA J CB RED』を使用してきたが、今作『ALTA J CB』は手元部がブルーのグラデーションとなり、ロゴも大きく変わったことが画像から確認できる。

鈴木はソール部前側が黒い『LST』だが、比嘉真美子が投入したものは同部分がシルバーの『M425 MAX』だとロゴやバック部のタングステン位置から確認できる。2018年モデルの『G400 MAX』があったが、既存の『G410』シリーズには存在しなかった『MAX』はどんな仕上がりなのか。売れに売れた、『G410』シリーズの後継と見られる新作『G425 LST』の「10ヤードアップ」は本当なのか。ピンの正式発表が待たれる。

ALBA Movies2

このニュースに関連するコンテンツを見る

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

松山英樹ら出場! 全米プロのリーダーボード
松山英樹、金谷拓実、星野陸也、香妻陣一朗、稲森佑貴、木下稜介が挑む「全米プロ」。リーダーボードはこちら。
新シーズン開幕! 国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
男子ツアーLIVEフォトはコチラ
男子ツアーの熱戦をLIVEフォトでチェックしよう。
ツアーパター情報局
アマチュアでもプロのマネをできる「パター」。多くのゴルフファンの要望に応え、パターの情報をまとめてあります。
【初心者応援企画】1万円前後で買える中古ドライバー5選
ゴルフパートナーの店長が、1万円くらいで買えて、やさしく真っすぐ飛ばせる中古ドライバーを5本選んで紹介!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!