国内男子開幕戦の1W使用率、女子に続いてキャロウェイが獲得。背景は?【記者の目】 | ALBA.Netのゴルフギアニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連ニュース > 記事

国内男子開幕戦の1W使用率、女子に続いてキャロウェイが獲得。背景は?【記者の目】

19.04.19 17:46

キャロウェイから「東建ホームメイトカップ」の使用率情報が…

 

キャロウェイから「東建ホームメイトカップ」の使用率情報が…

東建ホームメイトカップ 2日目◇19日◇東建多度カントリークラブ・名古屋(三重県)◇7081ヤード・パー71>

キャロウェイゴルフからツアー使用率に関する情報が届いた。

「東建ホームメイトカップで、キャロウェイは国内女子ツアーに続き、国内男子ツアーも開幕戦でドライバー使用率No.1を獲得しました。ドライバーを使用している多くの選手が『EPIC FLASH』シリーズとなっており、国内女子ツアーに続き、男子ツアーでもEPIC FLASH旋風の予感です」(同社広報)

■契約プロだけでなく、ツアー供給品に契約フリーが飛びつく!

同社の情報によれば、『エピックフラッシュサブゼロ』を使用するのは、ブレンダン・ジョーンズ中里光之介アンソニー・クウェイルショーン・ノリス、ジャン・ドンキュ、H・W・リュー、デービッド・オー、イ・サンヒ。『エピックフラッシュ(スタンダード)』を使用するのが、正岡竜二セン・セショウ

中里光之介は「初めて打った瞬間に出球が速い!と感じました。スピンが少ない直進性の高
い弾道で、高い球でもアゲンストの影響を受けにくい。10ヤードは伸びました。シャープで構えやすい顔もいい」と言い、ブレンダン・ジョーンズも「非常にまっすぐに飛んで行ってくれる感じがする。飛距離もさることながら、正確性が上がった」と語る。

と、ここまでは契約プロなので褒めるのも当然。では、今季増えたクラブ契約フリーの『エピックフラッシュ』使用選手たちはどんな感想なのか? 実はツアー供給品という、隠れていた選択肢がカギだった。

既報のようにツアー供給品の特殊な『エピックフラッシュサブゼロ◆◆◆』を使う池田勇太は「すぐ変わるかもしれないけどね(笑)『エピックフラッシュ』は距離が出る。『ROGUE』や前の『GBBエピック』よりも打感もよくなってるし」と、飛距離と打感に納得の様子。

また、今季から契約フリーになった岩田寛も『同◆◆◆』を使用。「ほぼ全てのメーカーを試したけど、ヘッドスピードが1m/s上がったのは『エピックフラッシュサブゼロ』だった。ロフトが見えている方がいいし、顔が好き。今の所ずっとこれでいくつもり」と話す。

キム・ヒョンソンも『同◆◆◆』を選んだ。「初速が速いしスピンが少ない。アゲンストでも飛距離が落ちず、風の中でもプレーしやすくなりました。シャフト(REVEプロトタイプX、市販品はアサルトアタック)との相性も良く、飛距離も伸びましたね」とのこと。

■『ROGUE』や『GBBエピック』を含めると選択肢が10種以上!

また、今大会を腰痛で欠場した石川遼は、ディープで低スピンな『エピックフラッシュサブゼロ◆◆』で千葉オープンを連覇していた。(ブレンダン・ジョーンズ中里光之介も『◆◆』を使用)池田勇太らが使う『◆◆◆』が左を気にせず叩けるヒール側のすっきりしたモデルに対し、『◆◆』はよりスピンを抑制できるもう一つのツアー供給ヘッドだ。(5月中旬からキャロウェイエクスクルーシブで購入可能)

そして、『エピックフラッシュ』(スタンダード)を選んだのは正岡竜二。「前より距離が伸びて気にいってます。『エピックフラッシュ』は初速が出ますよね。サブゼロは合わず、スタンダードです。つかまりも適度にあって構えた時の安心感もある」と話す。ジャンボ尾崎も「1ヤードでも飛ぶクラブを選んでいるだけだよ」と、同ヘッドを選んでいた。(1月中は松山英樹も同ヘッドだった)

多くの契約フリーや契約外選手から選ばれることから、『エピックフラッシュ』の男子プロ人気が飛びであることに疑いはない。もう一つ見るべきは、選択肢の豊富さだろう。『エピックフラッシュ』シリーズだけで、『スター』『スタンダード』『サブゼロ』『サブゼロ◆◆』『サブゼロ◆◆◆』と、実に5機種から選べる。

しかも、昨年モデルの『ROGUE』シリーズも現行品で、こちらにも『スター』『ノーマル』『サブゼロ』がある。(市原弘大は『ROGUEサブゼロ』を愛用)『GBBエピック』シリーズを使う重永亜斗夢ほか契約プロもおり、2本の柱が入った反発の高いヘッドの中から、実質10個以上もの選択肢があったのだ。これならキャロウェイが使用率1位になるのも当然だと感じる。

さらに、池田勇太が実践するように、女子ツアーで流行る『サブゼロ』の【ウェイト外し】というチューンナップの選択肢もある。長尺化したい選手やパワーのないプレーヤーなど『エピックフラッシュ』はどんな選手にも対応可能。キャロウェイの言う『EPIC FLASH』旋風、今後さらに拡大する可能性を感じるのは筆者だけだろうか。

Text/Mikiro Nagaoka

このニュースに関連するコンテンツを見る

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「全米プロゴルフ選手権」速報
メジャー第2戦「全米プロゴルフ選手権」の速報はこちら!
「ほけんの窓口レディース」ライブフォト
今週の舞台は福岡! 「ほけんの窓口レディース」のライブフォトをお届け!
ステップアップツアー「静ヒルズレディース森ビルカップ」ライブフォト
「静ヒルズレディース森ビルカップ」が開幕!ライブフォトをチェック!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗華ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!